新天皇と秋篠宮、雅子妃と紀子妃 5月から様変わりする関係

1月4日(金)7時0分 NEWSポストセブン

皇太子さま(写真/JMPA)

写真を拡大

 いよいよ、“平成ラストイヤー”がやってきた。4月30日に今上天皇が退位し、翌5月1日に新元号のもと、次の時代が幕を開ける。


 今上天皇より4年遅い59歳で「新天皇」となる皇太子は、2004年の「人格否定発言」【*注】をはじめ、“家庭人”としての印象が強い。


【*注】人格否定発言/2004年5月10日、皇太子殿下は、欧州歴訪前の会見で「雅子のキャリアや人格を否定するような動きがあったことは事実です」と発言。国民の注目を集めた。


「長年の療養生活を送る雅子さまや、登校問題を抱えた愛子さまを懸命に支えてきた一方で、自己主張をする機会が少なく、“お考えが伝わりにくい”と言われることも多かった」(皇室ジャーナリスト)


 対照的なのが、皇嗣となる弟の秋篠宮だった。先の“物言う誕生日会見”も記憶に新しい。


秋篠宮さまが苦言を呈した『大嘗祭(だいじょうさい)の費用』は政府が予算を決めるもの。それに公の場で異を唱えたことは、“皇族の政治的発言だ”という批判もありました。ただ、“時代に即した形であるべき”という秋篠宮さまの考えが、素直に表出したとも言える」(皇室記者)


 今上天皇、皇太子の総意を、秋篠宮が代弁したと見る向きもあった。



「皇太子と宮家の当主では立場がまるで違い、発言に求められる慎重さも異なります。新天皇と皇嗣という関係に変わるとより顕著になる。弟が“スポークスマン”として兄を支えるという新時代がやってくるかもしれない」(同前)


 立場の変化は、雅子妃と紀子妃にも訪れる。


「これまで、雅子さまと紀子さまの“比較論”が何度も取り沙汰されてきました。公務に出られない雅子さまに代わって、紀子さまが美智子皇后の隣に立っていたわけです。紀子さまには“自分が皇室を支えている”という自覚もあったでしょう」(別の皇室ジャーナリスト)


 皇后と皇嗣妃の身位の差も今以上に大きくなる。


「雅子さまのお出ましも増えており、5月以降の紀子さまは、皇后の“サポート役”に徹することになるでしょう」(同前)


 ただ、紀子妃には「将来の天皇の母」という重責もある。今上天皇の孫世代で唯一の皇位継承者である悠仁親王は、今年4月に中学校に進学する。


「紀子さまは悠仁さまへ『帝王学』を授けていく。昨年夏に親子で広島を訪れて被爆者の話を聞いたり、都内の戦傷病者史料館に足を運んだりと、“将来の天皇の母”としての自覚を強くしているように見えます」(同前)



 一方、秋篠宮家の長女である眞子内親王は、小室圭さんとの結婚が暗礁に乗り上げたまま新時代を迎える。現在も、東京・丸の内にある学術ミュージアムの客員研究員を続けながら、公務にあたる日々を送っている。


 妹の佳子内親王は4月に国際基督教大学(ICU)を卒業する予定だ。学習院大学を中退し、ICUに再入学した佳子内親王は、計6年間学生生活を送ってきた。学業優先の方針もあり、公務は夏休み期間などに限られたものだった。


「姉の眞子さまと同様に、ICU卒業後に再び留学するのではないかと囁かれたこともありましたが、両陛下が退位し、さらに公務の担い手が減る現状にあって、現実的ではない。ご興味のある舞台芸術などを通じたお仕事をされながら、数多くの公務を担うでしょう。


 眞子さまも同じく“担い手”ですが、人前に出れば、世間の目にはどうしても結婚問題がちらついてしまう。そういった意味でも、佳子さまへの期待は大きくなる」(別の皇室記者)


 すべての皇族にとって、転機となる5月1日がやってくる。


※週刊ポスト2019年1月11日号

NEWSポストセブン

「秋篠宮」をもっと詳しく

「秋篠宮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ