花田優一、ホテル密談でまくしたてた父・貴乃花への批判

1月4日(金)16時0分 NEWSポストセブン

密談に向かう花田優一

写真を拡大

 2018年10月、23年間の結婚生活にピリオドを打った元貴乃花親方(46才)と河野景子さん(54才)。離婚の最大の原因とされるのは長男の優一(23才)だ。


 靴職人を名乗りながらタレント活動に手を広げ、靴の納期トラブルやスピード離婚で世を騒がせる優一に対し、貴乃花は激怒。息子を擁護する景子さんにも貴乃花は不満を募らせ、夫婦仲は険悪になっていった。


 実際、貴乃花は『週刊文春』(2019年1月3・10日号)で優一について、


《自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状》

《ハンパな生き方を続けるとすれば、息子は花田姓を名乗る資格はありません》


 とバッサリ斬って捨てた。


 一方の優一は昨年末にワイドショーやスポーツ紙の取材を受け、両親の離婚について、「23年間寄り添ってきた両親とは他人にはなれない。家族自体は変わらない」と答えていた。


 この時、優一は貴乃花に対して「かっこいい父です」などと尊敬の念を強調し、“父思い”の一面を見せていたが、実際の彼は、複雑な感情を父に抱いていたようだ。


 12月28日の夕方。家族連れやカップルが行き交う都内の高級ホテルのラウンジに優一はいた。


「優一さんは背筋をピンと伸ばして前のめりになり、神妙な面持ちで2人の男性と“密談”していました。彼は最初こそ小声でひそひそと話すのですが、興奮してくると身振り手振りを交えて声が大きくなる。この時は、『すべての行動に謝罪文を出して、半年間ほど自粛すればいいのですか?』『それを発表するのは何がいいですか。ブログですか?』と、何かに対する謝罪について、時々語気を強めながら話し合っていました」(居合わせた客)


 1人の男性がその場を離れると、優一はおもむろに「父批判」を始めた。



「優一さんは急に口調が荒くなり、『父に電話したら“俺はそんなん関係ねえ”とか言ってて、ふざけんじゃねえと思って。父は自分を正当化したい人なんです。正当化してるけど、やってることはおかしいんです』『今回の件で、父は家族にも危害を加えることがわかった』『父は常識的なところが飛んでいる部分がある』と矢継ぎ早に吐き捨てて、テレビで見せていた温厚な姿とのギャップに驚きました。その後も、『今回の離婚で“貴乃花の息子”が取れて、“靴職人の優一”になれるのでよかったと思います』などと貴乃花さんに批判的なことを言っていました」(前出・客)


 この激昂には理由があると語るのは優一の知人だ。


「偉大なる横綱の息子として優一は幼い頃から大きなプレッシャーを抱えていました。多感な高校時代は『貴乃花の息子』と言われただけで、相手の胸ぐらをつかむほど激しい怒りを見せることもありました。何事も長続きしないこと、自分への苛立ちやコンプレックスが父親に対する怒りに向かうこともあるようです」


 優一の今後について、貴乃花は職人一筋をまっとうすることを望むと公言する。優一もいたるところで「靴職人の優一」をアピールしているが、この日、「テレビにはしばらく出続けたいですよ。出続けることに意味があるんです」とも語っていたという。


※女性セブン2019年1月17・24日号

NEWSポストセブン

「貴乃花」をもっと詳しく

「貴乃花」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ