川口春奈vs二階堂ふみ NHKヒロインの対照的な期待値

1月4日(土)7時0分 NEWSポストセブン

2020年はこの2人が輝く!?(時事通信フォト)

写真を拡大

 2020年、芸能界で最大のチャンスをつかんだのはこの人だろう。沢尻エリカの薬物スキャンダルで急遽、大河ドラマ『麒麟がくる』(1月19日放送開始予定)の濃姫の代役に抜擢された川口春奈(24)だ。


「時代劇未経験のため、一時は“本当に務まるのか”と心配された。しかし、セリフはほぼ完璧に覚え、時代劇の所作もみるみる上達している。最近は現場にも溶け込み、好きなお笑いやモノマネの話題で周囲を和ませることもあるようです。“多少の失敗は仕方がない”と、スタッフたちも温かい目でサポートしています」(NHK関係者)


 川口にはこのチャンスをフイにできない事情がある。「低視聴率女王」の汚名返上がかかっているのだ。


「川口は2013年、主演した『夫のカノジョ』(TBS系)が3%台の視聴率しか取れず、わずか8話で打ち切られた黒歴史がある。それからしばらく大役から遠のいていたため、今回の抜擢が勝負所だと思っているのでしょう。並々ならぬ決意を感じます。昨年11月に写真週刊誌で熱愛が報じられた総合格闘家の矢地祐介とも、忙しくて会えない日々が続いているようです」(別の芸能関係者)


 一方、NHKのもうひとつの看板である「朝の連続テレビ小説」に賭けるのが二階堂ふみ(25)だ。3月30日放送開始予定の『エール』に、窪田正孝演じる主人公の妻役で出演する。


 演技派として知られ、すでに数々の受賞歴があるにもかかわらず、自らオーディションに応募してヒロインを勝ち取ったことでも話題になった。


「最近の朝ドラは『なつぞら』の広瀬すず、『スカーレット』の戸田恵梨香と、人気・実績を重視したヒロイン選びが続いている。NHK局内でも、今回の二階堂への期待は相当なものがあるようです。


 しかし、今回は彼女もいささか勝手が違う。これまでの出演作では影のある女性だったり、濃厚な濡れ場があったり、個性的な役柄を演じることが多かった。しかし朝ドラでは視聴者にわかりやすく、親しみやすい演技が求められる。役どころも作曲家の夫を前向きにさせる明るい陽気な性格。新境地が求められそうです」(同前)


 期待値の低かった女と、期待値が高すぎる女。飛躍するのはどちらか。


※週刊ポスト2020年1月17・24日号

NEWSポストセブン

「川口春奈」をもっと詳しく

「川口春奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ