紅白歌合戦の台本、ウッチャン頼みの「内村リアクション・内村自由」が多数

1月4日(木)18時0分 週刊女性PRIME

紅白司会者のふたり

写真を拡大



 130年ぶりに東京に初雪が舞った昨年の大みそか。今年9月での引退を発表していた安室奈美恵の出演が急きょ決定。ソロでは、2010年以来となった桑田佳祐も、連続テレビ小説『ひよっこ』の企画に特別出演するなど、話題は多かった『NHK紅白歌合戦』だが、視聴率は歴代ワースト3位の39・4%とふるわなかった。

欅坂46のメンバー3人が、総合司会の内村光良さんとコラボで『不協和音』を披露した際、過呼吸となり倒れてしまいました。待機していた看護師の手当てでその後、回復しましたが、ちょっとヒヤッとした場面でしたね。

 レコード会社関係者は“紅白にかける思いが強すぎて、このような症状になった”と話していました」(スポーツ紙記者)

 1年の集大成として、それぞれが強い思いをかける紅白歌合戦。現場ではカメラに映らなかった名&迷(?)場面が─。

 まずは総合司会の大役を担った内村。

「今回の台本は、内村さんの部分だけセリフが書いていないことが多く“内村リアクション”“内村自由に”など、かなり内村さん任せの部分が多いものだったんです。

 芸人さんがムチャぶりをされることは多いですが、本番ではアドリブでさすがの対応力でしたね。リハーサルで全治3週間の捻挫をしてしまいましたが、ケガをおして大好きな欅坂46と激しいダンスをコラボしたのも“プロ根性”を感じさせました」(同・スポーツ紙記者)

 グループごとにさまざまな顔を見せたジャニーズ勢。Sexy Zoneの中島健人は、リハから本番さながらの熱演をしてみせた!

「客席にいたスポーツ紙のカメラマンたちにも、振り向いてピースやウインクなど本番と同じサービスをしていましたね。リハなのでスタッフと関係者しか席にはいないのですが“一緒に手拍子して!”と呼びかけていましたよ」(同・スポーツ紙記者)

 スタッフが手拍子をすると客席に笑顔を向け、最後は関係者しかいない客席に手を振りおなじみの、

「Sexyサンキュー!」

 ステージを降りてからも、

「盛り上がるなら、なんでもします!」

 と、颯爽と廊下を歩き控室へと戻っていった。



■初出場のHey! Say! JUMPの様子は?



 対照的に緊張が垣間見えたのが、初出場のHey! Say! JUMP。

「中島裕翔クンは、音が鳴っていないときも、常にステップを踏んだり、慎重というよりも、緊張で何かしていないと落ち着かないといった感じでした。岡本圭人クンも、全員で動きを合わせるところで、ひとりだけ出遅れてフォーメーションが崩れてしまったり。でも、本番では完璧な演技でしたね」(レコード会社関係者)

 NHK職員と肩を組むなど、カメラの裏側でも、非常にノリがよかった関ジャニ∞にはちょっとしたハプニング(?)が。

「事前番組のレポーターとして、ミッツ・マングローブさんとTRFのDJ KOOさんがリハを見学していたんです。

 横山裕さんとKOOさんは『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で共演しており、今ではバラエティー番組に多数出演するようになりましたが、KOOさんの面白さを引き出したのは横山さんといっていい。ある意味、KOOさんにとって横山さんは恩人なんです」(芸能レポーター)

 音に合わせて身体を動かしたり、ノリノリで7人のリハを見学していたKOOだったが、

「村上信五さんは2人に気づき、“あ! おおきに〜!”と挨拶していましたが、横山さんは2人に気づくことなく……(苦笑)。どことなく寝起きかな? って印象でしたね」(前出・レコード会社関係者)

 今回、24回目の紅白出場となり、SMAPの23回を上回ったTOKIO。

「ジャニーズ最多出場とあって、リハから終始リラックスしていましたね。山口さんなんて短パン姿でしたから。囲み取材になると、上着をさっと脱ぎランニング姿に。これには報道陣も“リラックスしすぎ”と爆笑でした」(前出・スポーツ紙記者)

 視聴率はイマイチだったが、みんなの記憶に残る紅白になったことは間違いない!!

週刊女性PRIME

この記事が気に入ったらいいね!しよう

紅白歌合戦をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ