英ウィリアム王子、父になり「心を動かされることが多くなった」

1月4日(月)16時54分 Techinsight

2児をもうけたウィリアム王子夫妻(画像はinstagram.com/kensingtonroyalより)

写真を拡大


このほど、英ウィリアム王子が父になってからの変化を激白。「以前と比べずいぶん情にもろくなった」と語った。

チャールズ皇太子に焦点をあてたドキュメンタリー『When Ant and Dec Met the Prince: 40 Years of the Prince's Trust』に、息子ウィリアム王子も登場。子供が生まれてからの心境の変化を、このように明かした。

「以前よりずっと感情的になりました。」
「前の僕は、こんなにハラハラして心配する人間ではなかったんです。」

また世界情勢にもより敏感になったとして、ウィリアム王子はこう続けている。

「世界中で起きていることに、心を動かされます。以前よりずっとね。子を持つ親として、命がどんなに大切なのかを感じるのです。」

その王子の母ダイアナ妃は、1997年に交通事故により死去。当時は子供だった王子だがチャリティ活動に尽力した母の遺志を継ぎ、弟ヘンリー王子と共に様々な分野で活躍している。ちなみに昨年、王子は母も支援していたチャリティ団体『Child Bereavement UK』にてスピーチを行い、「(死別に)打ちひしがれるのは、耐え難い経験です」と語っていた。

※画像は、『Instagram kensingtonroyal』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ウィリアム王子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ