ウィル・スミスの“奇抜長男”ジェイデン、ルイ・ヴィトンの顔に

1月4日(月)10時37分 Techinsight

ルイ・ヴィトンのキャンペーン登場が決まったジェイデン・スミス

写真を拡大


ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット=スミス夫妻の息子ジェイデン・スミスが、なんとルイ・ヴィトンの顔としてキャンペーンに登場するという。

映画『ベスト・キッド』ではかのジャッキー・チェンと共演し、堂々たる演技でファンを圧倒したジェイデン・スミス。17歳にしてミュージシャンとしても活動する多才な彼が、今度はルイ・ヴィトンの顔に選ばれた。

同ブランドのクリエイティブディレクターを務めるニコラス氏(Nicholas Ghesquiere)は、インスタグラムにこう書き込んでいる。

「2016年の春夏コレクションの広告キャンペーンにて、ジェイデン・スミスを紹介できることを嬉しく思います。」

ちなみにジェイデンの奇抜なファッションは有名で、過去にはスカート姿を撮られたことも。またカニエ・ウェスト&キム・カーダシアン夫妻の挙式にはバットマンのコスプレで出席し、その理由を「みんなを守りたくて。そのためには適切な衣装が必要だった」と語っていた。過激なファッションとエキセントリックな発言が話題の彼だけに「ルイ・ヴィトンは人選を誤った」という意見も多いが、容姿が良くオーラとカリスマ性のある彼に期待する声も多い。

※画像2枚目は、『Instagram nicolasghesquiere』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ルイ・ヴィトンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ