杉野遥亮、友達が寄り付かない部屋の模様替えを決意「温かみのある部屋を作り上げることが抱負です」

1月5日(日)23時0分 AbemaTIMES

 俳優の杉野遥亮が1月5日、自身のツイッターを更新。新年の抱負を投稿した。
 杉野は「去年の僕の部屋はサイコパスが住んでそうと言われるくらい、白と黒でまとめられ、落ち着きにくいので、あまり友達が来てくれなくなりました。なので、今年は茶色と緑を取り入れ、温かみのある部屋を作り上げることが抱負です。」と、友達が寄り付かないという部屋を改造したいとコメント。

 過去のインタビューでも「小さい頃からインテリアや建築の番組が好きでよく見ていて、ずっとモノトーンの部屋に憧れていました。(中略)今は白黒の内装にしてるんですが、落ち着かなくて(笑)。色味がなさすぎて、ちょっと気持ちが滅入っちゃうので、もうちょっと緑入れたり、ブラウンみたいな温かみのある色を入れたほうがいいんだろうな、って考えています。色って大事だということがわかりました。友達も誰もこない。行きたくないって言われちゃいます(笑)。」と語っており、インテリアへのこだわりが裏目に出たそうだ。

 ファンからは「サイコパスが住んでそうw w w」「誰がサイコパス住んでそうって言ったのか気になりますw」「どっちの部屋も見に行くがな!!」「サイコパスな部屋でも私は居つきたいです!!笑」「友達たくさん来てくれると良いね」「かわいすぎる抱負」「どんな部屋か気になります笑 ぜひ取り入れたら、写真をお願いします」などのコメントが寄せられており、皆、杉野の部屋に興味津々の様子を見せている。
 

▶︎動画:杉野遥亮出演!「キセキ —あの日のソビト—」

AbemaTIMES

「杉野遥亮」をもっと詳しく

「杉野遥亮」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ