みきママ、黒豆の意外な活用法を紹介「刻めばひき肉の代わりになります」

1月5日(日)18時29分 AbemaTIMES

 おうち料理研究家のみきママが、5日に更新した自身のアメブロで、おせち料理で余った黒豆の意外な活用方法を紹介した。

みきママ公式ブログよりスクリーンショット

 この日みきママは、「今日も頭が賢くなる塾弁作るぞ〜!!」という気合いの入ったコメントとともに、「おせちの黒豆が残っているので、刻んで、そぼろ丼にしました〜」と、作った弁当を公開。

 続いて、黒豆を刻んでひき肉と炒め、そぼろにする過程を写真とともに紹介し、「黒豆が入ってると気づかれないようにするには、お肉と黒豆の割合を5:1くらいにしないと、バレます。以前黒豆を沢山入れたら、全部残されました」と自身の経験を踏まえ、アドバイスをした。

 さらに、「豚肉が多いので、豚ひき肉+醤油+酒+みりん+砂糖+で味付けしました」と味付けについても触れ、「黒豆は刻めばひき肉の代わりになります」と説明し、「ドライカレーやミートソースにもなるし、つくねにもなるし、メンチカツにもなります」と、他の調理法についても言及。

 意外にも使い勝手の良い食材のようだが、みきママは「存在感が強いので必ず5:1の割合にしてください」と、黒豆を使用する際の注意点を改めて強調。最後は「そぼろ弁当ができた〜 今日も8時半から夜まで塾です」とつづってブログを締めくくった。
 

▶動画:思わずお腹が空いてくるかも?“味な店”の絶品グルメ

▶︎動画:美味しんぼ 珠玉の名エピソード「トンカツ慕情」(配信中)

AbemaTIMES

「おせち」をもっと詳しく

「おせち」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ