田中みな実と同期で局アナを貫く江藤愛の心の支えとなった太田光の言葉

1月5日(日)10時0分 アサ芸Biz

田中と江藤

写真を拡大

 同じ青山学院大出身で、ともに準ミス青山。2009年、アナウンサーとしてTBSに入社した同期でもある。田中みな実と、江藤愛だ。かたやフリーとして番組に引っ張りダコ、大活躍を見せているが、局アナの江藤アナはどんな目で田中を見ているのだろうか。

 田中は14年、TBSを退職後、タレントとしても活動を開始。17年には女性ファッション誌「an・an」で、ヒジで胸を隠した大胆ショットを披露。それが大きな話題になると、19年12月には最初で最後という“限界”写真集を発売。10月18日の予約開始からAmazon本ランキング総合1位を1週間キープ。発売前に10万部の増刷が決定するなど、異例のヒットとなっている。また、ドラマ「絶対主義」「モトカレマニア」(共にフジテレビ系)では女優として出演し、令和元年は田中にとって華々しい1年となった。

 一方、江藤アナは今もTBSに在籍。公式サイトによると、テレビのレギュラー5本、ラジオは1本。局内ではエース級の活躍だ。安定感のあるアナウンス力で、ほんわかとした雰囲気。田中ほど男性ウケはしないかもしれないが、主婦層や中高年視聴者には支持されそうだ。

 とはいえ、田中と比較すれば江藤アナの存在は地味に見える。同期として、江藤アナは田中をどう見ているのか。

「19年11月4日配信の『NEWSポストセブン』が、TBS関係者から2人の関係性を聞き出しました。局アナとフリーという違いがありますが、〝お互いにいい刺激になっている〟とのこと。当たり障りのないコメントですが、互いにライバル心を持ち、意識していることは間違いないでしょう」(芸能記者)

 となれば、江藤アナも田中同様、独立して活躍の幅を広げることも十分に考えられる。だが、江藤アナに〝生涯TBS〟を後押ししたのが、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光の言葉だった。

「19年6月11日配信の『ORICON NEWS』が、局アナを貫く江藤アナの心の支えとなったエピソードを明かしました。19年3月21日放送のラジオ番組『ラジ(コ)フェス』(TBSラジオ)で太田は『(自身がMCを務める)〝サンデージャポン〟のアナウンサーは局アナにしてよって言っているのは、要するに局を背負ってくれている人が1人いるだけで、全然違うわけよ。例えば、何かクレームがきた時に、TBSとしての謝罪とか意見を言ってくれるのは、それはフリーじゃできないから』と発言。それを聞いた江藤アナはいたく感動したようで、定年までTBSにいたいという本心も明かしました」(前出・芸能記者)

 TBS関係者はさぞかし安心していることだろう。

(石田英明)

アサ芸Biz

「田中みな実」をもっと詳しく

「田中みな実」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ