6月契約満了でも事務所の圧力が…能年玲奈が出演できるのはあの業界だけ?

1月5日(火)17時58分 アサ芸プラス

 2016年、気持ちも新たにこの年を迎えた人も多いのではないだろうか。おそらく、あの女優も‥‥。

「能年玲奈ですね。15年のほとんどを開店休業状態で過ごしましたが、今年は6月に現在の所属事務所との契約が切れるとされています」(週刊誌記者)

 2013年度上半期のNHK朝ドラ「あまちゃん」で一躍ブレイクした能年だが、自身の慕う演出家とともに新事務所を設立。現所属事務所と決裂して仕事ができない状態となり、唯一のレギュラーだったラジオ番組も「やりたい夢は叶えていいんだ!」という叫びとともに、昨年10月に終了した。

 6月の契約満了で、晴れて再スタートを切れる能年だが、必ずしも順風満帆とはいかないようだ。

「円満に別れるわけではありませんから、現事務所が圧力をかけるのは必至。また、活動していない間に有村架純、高畑充希、松岡茉優、土屋太鳳など同世代の女優が次々にブレイクし、能年のポジションは狭まっています。動きやすいとすれば演劇界。脚本を担当した宮藤官九郎をはじめ、『あまちゃん』共演者には演劇界の人物が多く、今でも共演者が出演する舞台には“あまちゃんファミリー”がこぞって観に行くほど、つながりは強い。当面、演劇界で鍛えてもらうというのも、この先の女優人生を考えると大切な時間になるかもしれません」(女性誌記者)

「あまちゃん」で母親役だった小泉今日子も3月に劇場公演が控えており、舞台出演には積極的だ。

 小泉と能年が板の上で“母子共演”する日が来るかも!?

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

事務所をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ