「SMAP×SMAP」後番組、超低空飛行のまま終了で加速する“テレビ離れ”

1月5日(金)9時58分 アサ芸プラス

 2016年いっぱいで終了となった「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の後番組、「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)が12月25日、ひっそりと最終回を迎えた。

 最終回の視聴率は4.5%と最後まで低迷。高視聴率を連発した「SMAP×SMAP」とは比べるまでもなく、印象にさえ残らない番組だった。

「ワケあり有名人を迎えて赤裸々にトークしてもらう内容でしたが、スマスマのような明るさや楽しさは望めませんでした。SMAPの解散騒動があって以来、スマスマの内容も単調なものになってしまって視聴率が2ケタを割ることもありましたが、30%超えをすることも珍しくなかったほど支持されていた番組です。歌あり、コントあり、海外の大物スターとの共演ありと、見る人に夢を与えてくれました。振り返ってみると本当に偉大な番組だったし、あらためてSMAPというグループがなくなってしまったことを残念に思います」(エンタメ誌ライター)

 スマスマのような華やかなバラエティは現在のテレビ番組では見当たらず、スマスマの終了とともにテレビ離れしてしまった視聴者もいるという。

稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さんのインターネットテレビがあれだけ成功したのは、テレビ離れの証明かもしれません。彼らの天真爛漫な楽しさ、ゴージャスな雰囲気を視聴者は求めているのだと思います」(前出・エンタメ誌ライター)

 稲垣、香取、草なぎは11月に続き1月1日放送のAbemaTVで、「27Hunホンノちょっとテレビ」に出演し、新年の挨拶や楽曲を披露した。分裂・解散後も強力に視聴者を引き付ける元SMAPメンバーによって、ますますテレビ離れは加速していくのかもしれない。

(笠松和美)

アサ芸プラス

「SMAP」をもっと詳しく

「SMAP」のニュース

BIGLOBE
トップへ