プロ野球ファン必見! 球場近隣の美味しいラーメン屋(セ・リーグ編)

1月5日(金)11時0分 文春オンライン

 今まで毎週ラーメンについての記事を書いてきたが、野球に関する原稿の依頼が来たのは初めてで困惑している。ライターとしてはラーメン専門でやらせていただいているものの、プロ野球も大好きで、小学1年の時に清原の活躍を見てしまって以来、30年来の西武ファンになってしまった。


 文春野球の記事ということでどんな依頼だろう、と思って蓋を開けてみればやはりラーメンの原稿依頼だった(笑)。「ラーメンと野球を井手隊長ならではの切り口でお願いします」というざっくりとした依頼。


 確かにラーメン好きとしては野球を見た後も当然ラーメンが食べたくなる。すんなり行く店が決まる場所もあれば、全然行く店がなくて困る場所もある。というわけで今回はラーメン好きのプロ野球ファンのために、球場近隣の美味しいラーメン屋さんを紹介したい。


 今回はセ・リーグ編。全国5万件以上のラーメン店の登録がある 「ラーメンデータベース」 さんのご協力で、球場の中心付近からおよそ半径1.1km程度の範囲にあるラーメン店を抽出し、口コミレビューの特点をもとに独自の採点でお店の得点の合計を算出した。


 球団別の順位を見てみよう。


1位:DeNA  19590.8点

2位:巨人  8554.72点

3位:ヤクルト 1835.16点

4位:広島  637.08点

5位:中日  426.39点

6位:阪神  207.96点   (2017年12月27日現在)


ハマスタ近辺で試合後に行ける店


 堂々の1位はDeNA。関内、野毛エリアがだんだんと激戦区化している中で、近くには中華街もあり、お店の数は圧倒的だ。ただ、閉店時間が早いお店が多いのもネック。名店といわれるお店は軒並み22時前には閉めてしまうので、試合後行くのはなかなか厳しい。大のラーメン好きで知られる阪神のメッセンジャーが、一番好きな店として横浜の「吉村家」を挙げているが、こちらも22時まで営業。おそらくオフの日に行っているのだろう。試合後も行けるお店としては下記の2軒をピックアップしておきたい。


新福菜館 伊勢佐木町店

神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2-60 オリエンタル共同ビル1F

11:00〜23:00

定休日 水曜


 通し営業で23時までやっているというありがたいお店なので、試合前でも試合後でもOK。ここは京都で有名な行列の絶えない名店。真っ黒なスープの中華そばに真っ黒なヤキメシ。中毒性もバッチリで、お酒を飲みながらでも楽しめる名店だ。



「新福菜館」の中華そば



「新福菜館」のヤキメシ



濃厚煮干しそば 麺匠 濱星

神奈川県横浜市中区弁天通2-28 ライオンズマンション関内

[平日・祝] 11:00〜24:00 [土] 11:00〜21:00

定休日 日曜


 平日は何と24時まで営業というありがたいお店。野毛の「ブッチャーズグリル」という肉屋さんがやっているラーメン店。濃厚鶏白湯に煮干しを合わせた濃厚煮干しそばが自慢。鶏もそこまで主張せず、塩もそこまで強くせず、麺も少し柔らかめに茹でてうまくまとめてあって美味しい! 肉屋がやっているだけあり、ホエー豚のチャーシューも美味しい。



「濃厚煮干しそば 麺匠 濱星」の濃厚煮干しそば



平均点はトップの巨人! 春日エリアに注目


 そして2位は巨人。正直1位かなと思っていたが、お店の軒数的にDeNAには勝てなかった。実はお店の平均点でいうと77.77点とトップとなる。名店は実は水道橋エリアではなく、逆側の春日エリアに多く潜んでいる。試合後でも行けるお店だと下記の3店を推したい。


自家製麺 MENSHO TOKYO

東京都文京区春日1-15-9

11:00〜15:00/17:00〜23:00

定休日 火曜


 羊のげんこつを主体に豚骨を合わせた「ラム豚骨」は唯一無二の存在。とろーりとしたスープはラムの香り、旨味が最大限に引き出されていて、かつイヤな臭みなどは一切なく素晴らしい仕上がりだ。まさにここでしか食べられない一杯で、ラムが苦手な方でなければぜひ体験してほしい。



「自家製麺 MENSHO TOKYO」のラム豚骨


本枯中華そば 魚雷

東京都文京区小石川1-8-6 アルシオン文京小石川102

11:00〜15:00/18:00〜23:00

定休日 水曜


 鶏や豚のスープと魚介のWに、鰹節をサイフォンを使って出していくかなり斬新な作り方。雑味が一切なく、お酒の後にもじんわりしみてくる美味しい一杯だ。麺の小麦はオーナーの出身である信州産。



「本枯中華そば 魚雷」


信濃神麺 烈士洵名

東京都文京区西片1-15-6

11:00〜翌1:30L.O.(スープ切れ終了)

定休日 月曜


 上記の「魚雷」と同グループだが、こちらは信州の素材にこだわった、キレ味抜群な白醤油ラーメンが人気。スープは動物系、魚、昆布のトリプルスープで複合的な旨味を醸し出す。深夜までやっているので飲み帰りでもOKだ。



「信濃神麺 烈士洵名」


神宮球場の周辺は数少ないが……


 3位はヤクルト。神宮球場の周辺はラーメン屋だけでなく、居酒屋を探しても実は結構厳しく、渋谷や青山一丁目まで歩いた人も多いだろう。なかなか試合後にやっているお店が少ない中、下記の2店を挙げたい。


ホープ軒 千駄ヶ谷本店

東京都渋谷区千駄ヶ谷2-33-9

24時間営業

正月以外年中無休


 いわずもがなの千駄ヶ谷の代名詞的存在。行ったことはなくても殆どの人が知っているのではないかというぐらいの有名店。正月以外24時間いつでもやっている。ひいきのチームが勝ってもテンション高く食べたいし、負けても泣きながら食べたい、それがホープ軒だ。



「ホープ軒」


豆の家

東京都港区南青山2-22-17

11:30-15:30/17:00-24:30

年中無休


 こここそ穴場。あまり教えたくなかったが、まさにこの企画のためのお店かなと思い、書いてしまう。年中無休で24時半までやっている中華料理店。飲みにもちろん対応しているので、球場から直行でOK。おすすめはほうれん草レバ麺。



「豆の家」のほうれん草レバ麺  提供/井手隊長


 4位から下だが、球場周辺で食べるのはかなり厳しいエリアだ。おとなしく居酒屋に直行することをお勧めする。逆にラーメンのことを考えずに試合に集中できるというのもよいところかもしれない。美味しいかどうかは別として、3球団とも球場ではラーメンを出している。どうしてもという方は球場内で食べることにしよう。


 最下位の阪神メッセンジャーはホームゲームの時にどこで食べているのかが気になる。球場周辺は厳しい。となるとやはり大阪・兵庫にも支店の多い「天下一品」だろうか。ちなみにメッセンジャーは「こっさり」(「こってり」と「あっさり」のミックス)がお気に入りだ。


 次回はパ・リーグ編をお送りする。


◆ ◆ ◆


※「文春野球コラム ウィンターリーグ2017」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/5743 でHITボタンを押してください。





(井手隊長)

文春オンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ラーメンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ