【アニメキャラの魅力】超努力家のパーフェクトボーイ「真島太一」の魅力に迫る!『ちはやふる』

1月5日(月)11時22分 キャラペディア

(C)末次由紀/講談社・VAP・NTV

写真を拡大

 競技かるたをテーマにしたアニメ『ちはやふる』。2011年下半期に一期、2013年上半期に二期が、それぞれ半年クールで放送されました。放送後の影響はすさまじく、競技人口も大幅に増え、競技かるたの大会が行われる滋賀県大津市では大々的なキャンペーンが行われ、海外にもかるたブームを起こしました。そんな『ちはやふる』で最もイケメンで最も女子人気が高いのが、今回ご紹介する「真島太一」くんです!


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■いじめっ子からイケメン好青年にジョブチェンジ

 良いところの坊ちゃんとして生まれ、教育ママなお母様に「だって」と「でも」を禁止されるなど、抑圧されて育った太一は、小学校時代はなかなかのイヤなやつでした。常に学年一位の優秀な成績で、スポーツ万能、ながいまつ毛の容姿端麗、強烈な負けず嫌いで、誰にも負けない努力をする、しかし他者を見下す口の悪い男の子でした。

 その上、転校生のかるたチャンピオン綿谷新と、ひそかに気になっていた、ボーイッシュで性格も変だけど意外と美少女な綾瀬千早が急接近してしまい、大会時にメガネを隠すなどという人としてなかなか最低なことまでしやがります。しかし、「千早に嫌われたくない」という気持ちや、新の競技に対する熱い思いを知り、千早と新とともに競技かるたに挑戦し、のめりこんで行きます。

友情や協調性をしった努力家は凄いです!それから3年、高校生になった太一は、優しくて、強くて、努力家で、美形で、スタイルも良くて、真面目で、一途で、とにかくとんでもなく男らしいカッコイイ男に成長するのです。「だって」や「でも」を禁止したお母様に感謝したい気持でいっぱいです。

■器用貧乏?運が悪い?

 「生まれつきできちゃうんだよなー。いろいろ」と自称しているように、なんでもできる太一ですが、神様は不公平がないようにしようとしているのでしょうか?とにかく運が悪い。大事なところで、「空調が壊れて、太一だけ異常に熱い」とかそんな、あり得ない運の悪さです。

 「だったら、運に負けない実力を手に入れる」とさらなる努力をする太一。運命に努力で立ち向かう美しい男子がいるんですよ。作中の女子もそれは、キュンキュンしまくります。もちろん、視聴者的にも応援したくなる男ナンバーワンでもあります。

 長年の片思いの末に結局振られてしまいますが、強引に××してしまうところなど、太一の我の強さを表すエピソードも。片思い中なのに、告白してきた女の子と付き合っちゃうところなども、イマイチ報われない原因なのではないでしょうか?しかしファンとしては、そんな強引な太一も男らしくて悪くないんですよね。アニメでもそんな肉食太一のカッコイイ姿や、打ちひしがれる美しい姿を早くみたいものです。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:藤原ユウ(キャラペディア公式ライター)

(C)末次由紀/講談社・VAP・NTV

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ちはやふるをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ