【アニメキャラの魅力】星と涙の個性派!究極のトリックスター「ヒソカ」の魅力とは?『HUNTER×HUNTER』

1月5日(月)11時17分 キャラペディア

(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

写真を拡大

 「HUNTER×HUNTER」は、冨樫義博氏による作品。主人公の「ゴン・フリークス」が父親であるジンを探しに行く物語です。手がかりを探してハンター試験を受けてみたり、グリードアイランドというゲームに挑戦したり、様々な経験をし、たくさんの出会いを通してジンに近づいていきます。今回はゴンの永遠のライバル?あるいは最後の敵となる?「ヒソカ」について語りたいと思います。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■ヒソカというキャラクター

 物語中でのワイルドカード、あるいはジョーカー。肉弾戦もさることながら、念能力を駆使した戦闘や嘘をまじえた話術、場を読んだ思考などスペックは非常に高い。ただ、あまりにも常軌を逸した嗜好の持ち主であるため、正直作者も扱いに困っているのではないかとも思います(個人的見解)。

■外見も中身も一流のトリックスター

 独特の髪型、顔には星と涙のような形をしたペイントを施しています。その外見や話し方をみると、ただの道化を演じるキャラクターのようにも見えますが、実際はかなり変わった考えを持っています。

 特定の誰かにつくことはなく、団体行動とは無縁。ただし、自分の行動原理に従った結果、一時的に他者と手を組むことはあります。相手の考えを先読みし、相手を欺くために得意の念能力である薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)をあらかじめ仕掛けておくなど、展開を先読みする能力も高いです。正直なところ、あまり敵に回したい存在ではないですが、味方にするのも難しそうですね。

■物語の特異点

 ヒソカというキャラクターは、個性派ぞろいのこの作品の中でも、かなり特異な存在といえるでしょう。ハンター試験に合格し、プロハンターの資格を得たものの、それよりも彼はゴンやキルア等との出会いのほうに価値を見出しているようです。

 ゴンやキルアが実力を付けた後で自分と戦うことができるように、彼らに執着している一面がありますが、周囲から見ればどうしてもその姿が「異常」に映ってしまいます。その点では、理由もなく人を殺すような一面は、殺された相手がヒソカの興味をそそらなかったためであるともいえるでしょう。日本の漫画作品でここまで特異なキャラクターはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか。

■驚異の戦闘能力

 あまり見たくはありませんが、ヒソカの水浴びシーンでは、驚異的な肉体を垣間見ることができます。彼の戦闘シーンは作品中でいくつも描かれていますが、苦戦しているようなシーンはほとんどありません。彼の得意技である伸縮自在の愛(バンジーガム)は、シンプルですが応用力が高く、ヒソカの分析・洞察力と組み合わせれば死角はなく、グリードアイランドではゴンの勝利のためにその能力を惜しげもなく使っています。彼の戦闘能力は、物語開始時点でほぼ完成されていた、とも思えますね。

 強靭的な能力、常軌を逸した嗜好、そして作者の思惑。これからこの作品がどのように展開していくのか、まったく予想がつきません。ヒソカが一体いつゴンやキルアと決着をつけるのか、あるいは思わぬ展開が待っているのか、今後に期待したいですね。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:WONDER(キャラペディア公式ライター)

(C)POT(冨樫義博)1998年-2011年 (C)VAP・日本テレビ・集英社・マッドハウス

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ