土屋太鳳「心と体が幽体離脱しそう」初舞台に緊張!ツインテール姿を披露

1月5日(金)20時17分 クランクイン!

舞台『プルートゥ PLUTO』プレスコール及び取材会にて クランクイン!

写真を拡大

 女優・土屋太鳳が5日、都内で行われた舞台『プルートゥ PLUTO』のプレスコールと取材会に出席。初舞台を前に「心と体が幽体離脱しそう」と緊張しつつも、弾けるような笑顔を見せた。 浦沢直樹と長崎尚志が、手塚治虫の『鉄腕アトム』のエピソード「地上最大のロボット」をリメイクした漫画作品『PLUTO』。本作はその『PLUTO』をダンスや音楽などあらゆる表現方法を駆使して舞台化したもの。この日は演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイ、森山未來大東駿介、吉見一豊、吹越満、柄本明、日本公演特別出演者のPepper(SoftBank Robotics)も出席した。

 土屋は、不思議な能力を持つウランと、ゲジヒトの妻ヘレナの二役で初舞台を踏む。ウラン役としては高い位置で結い上げたツインテールの髪型でリュックを背負うなど、快活な姿を披露する土屋。「舞台はすごいです。宇宙でした。ユニバース」と初めて経験する舞台という場所を「宇宙」と表現。「この宇宙に、これからたくさんのお客さんがいらっしゃってくださる。その心を感じながらしっかりと演じたい」とキリリと表情を引き締めた。

 舞台の取材会も初体験となったが、土屋は「いつもテレビで拝見していたので、すごく憧れでした。緊張で心と体が幽体離脱しそう」と笑顔を見せ、「すごくたくさんのアドバイスをいただいて、これから自分の人生で大切な節目になるんだろうなと感じている。その実感を噛み締めながら、これからの公演を踏ん張って、頑張っていきたい」と熱く意気込んだ。

 また今年の抱負を聞かれると、「今年は初舞台で海外公演もありますので、そういうときこそ気を引き締めたい」と語った土屋。さらに「いろいろなものに恋をしていきたいなと思います」とキラキラと瞳を輝かせていた。

 『プルートゥ PLUTO』は、東京・Bunkamuraシアターコクーンにて1月6日〜1月28日まで。大阪・森ノ宮ピロティホールにて3月9日〜3月14日まで公演。2月には欧州ツアーも予定されている。(Pepperの出演は、1月6日の夜、1月17日の昼・夜の3回のみ)

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ