キンタロー。正月「電撃婚」発表の真相 「芸に専念宣言」が撤回されたワケ

1月5日(火)19時2分 J-CASTニュース

年明け前に入籍していたキンタロー。さん(写真は2014年11月撮影)

写真を拡大

元AKB48の前田敦子さん(24)のモノマネでブレークしたお笑い芸人のキンタロー。さん(34)が2016年1月4日、前月中に入籍していたことを発表した。お相手はテレビ制作会社に勤める会社員(37)で、14年秋から交際していたという。

キンタロー。さんといえば14年3月にお笑いタレントの河口こうへいさん(35)と「芸事に取り組むため」として破局。その後、浮いた話は聞こえてこず、つい最近も寂しい一人暮らし生活を公開していたばかりだったが——。



年末の「ひとりぼっち」番組のときは入籍済み



元カレである河口さんと交際を開始したのは13年3月のことだった。キンタロー。さんがテレビ番組で公開告白し、見事成功。以降はおのろけ発言が度々飛び出し、一時は結婚間近ともウワサされていたものの、14年3月に破局を発表した。



当時のブログでは「それぞれの芸事の道を真剣にとりくんでいこうという結論になりました」とコメント。「全力で芸事を勉強していきたい」と芸の道に生きる決心を熱くつづり、その真面目な姿勢がファンから称賛を集めていた。



河口さんとの破局後は色恋報道もこれといってなく、つい最近も寂しい一人暮らし生活を送る芸能人の1人としてフジテレビ系「東京ひとりぼっち」(15年12月30日放送)に出演したばかりだった。



番組では都内の自宅を公開し、コレクションしているフックを手に取りながら「いつか結婚して一軒家に住むことになったら壁に好き放題付けられる」と妄想してみたり、部屋に置いている「場を浄化する石」を披露してみたりしていた。



そのためネット上には、祝福の声とともに驚きの声が殺到した。中には、



「『東京ひとりぼっち』に出てたじゃん!」

「番組見たばっかりだったのに、キンタロー結婚してたんかーい!」

「芸に磨き掛けたいからとかで、芸人彼氏と別れたんじゃなかった?」


といったツッコミも少なくなかった。



「本当はあそこで言いたかったんですけどグッとガマンした」



ただし「芸事に専念」発言については、破局から約半年経った時点で事実上「撤回」している。14年10月に行われた映画関連イベントで、フリーアナウンサー・小林麻耶さん(36)から「そんなにストイックにならなくていい」との助言をもらい、感化されたことを明かしていた。



ちなみに15年12月14日の入籍当日には、都内で行われたイベントで「恋人候補が3人」と豪語していたキンタロー。さん。1月5日に開いた結婚会見では、記者からさっそく質問が飛んだ。するとキンタロー。さんは



「実は、あのイベントの前に(区役所に)行ってきた。本当はあそこで言いたかったんですけどグッとガマンした」


とした上で、



「あれは嘘ではなくて本当の話。(発言と発表の間に)タイムラグがあったにしても、自分の中で迷っていたのは事実で、紆余曲折ある中で私は(3人のうちの1人だった)世田谷区の人を選びました」


と苦笑しながら弁明していた。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

キンタロー。をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ