おのののか、初水着を披露し新年早々話題に! メゲない強さで2016年も攻めの姿勢崩さず!?

1月5日(火)17時0分 メンズサイゾー

 タレント・おのののか(24)が、キュートでセクシーな魅力を発揮して話題を呼んでいる。


 4日、おのは自身のInstagramを更新。「今年初水着〜」とのコメントと共にビキニ姿で可愛らしいポーズをとった写真をアップした。おのはその前の更新で、「バイバ〜イ。ジャパ〜ン」と笑顔で手を振る動画を投稿しており、場所は不明ながら温暖な海外に滞在している様子。この初水着ショットには 「完璧なくびれ」「可愛すぎます」「新年からありがたい」「胸元がセクシー」といった声が寄せられており、ファンにとって嬉しいお年玉となったようだ。


 その一方で、この画像がネットに拡散されると一般ユーザーから「正月早々、必死だな」と手厳しい意見も。元旦に放送されたバラエティ特番『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!』(テレビ朝日系)に出演した際にはパンチラ寸前のキワどい姿でファンの視線を釘づけにしながらも、「ワザとらしい」などのネガティブな反応もあった。今年もアンチの声はネットに響き渡りそうだ。


「昨年暮れの『サンデー・ジャポン』(TBS系)でも、おのさんは共演者の現役女子高校生にして実業家である椎木里佳さん(しいき・りか/18)に対抗心むき出しの発言をして視聴者から反感を買ってしまった。番組内では、夫婦別姓の問題やドローンの話題を取り上げたのですが、椎木さんのコメントに対しておのさんがことごとく反発したのです。違う角度からの意見で番組を盛り上げたかったのでしょうが、おのさんのコメントはチグハグな印象もあり、単にあげ足をとりたかっただけではないかと思った人も多かったようです。


 視聴者の中には椎木さんをイジメているように見えた人もいて、ネット上には女性層からの反発の声が多数上がっていました。おのさんは以前出演したバラエティで『ブスは外に出ない』という趣旨の発言をして大バッシングを受けたことがあるなど、お世辞にも同性人気が高いタイプとはいえない。まあ、本人は昨年末に出席したイベントで2016年の抱負を『ほどよくメラメラ』と語っていましたから、炎上に関してはそこまで気にしていないのかもしれませんが...」(ネットライター)


 2015年は「タレント番組出演本数ランキング」(ニホンモニター調べ)で2位に入ったおの。同一タイトルは複数回放送されても1本としてカウントするランキングで上位に名を連ねた彼女は、レギュラーこそ少ないものの、さまざま番組に出演してマルチな活躍を見せた。


「132タイトルもの番組に出演したおのさんは、テレビで見ない日はないほどの人気ぶり。その大きな要因となっているのは、男性人気の高いルックスに加えて、イジられてもメゲない強さでしょう。今のバラエティに芸人さんは欠かせませんが、それと同じように華となる女性タレントも必要です。通常放送では大物ゲストなどを呼ぶことも少ないですから、おのさんのような若い女性タレントが重宝される。おのさんは自らの炎上騒動なども平気でネタにしますから芸人さんにとってもイジりやすい。


 また、昨年12月のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオほか)では、見事な"喘ぎ声"を披露して大きな話題になった。これは女性タレントが夜の営みを想像して"イク演技"をする人気企画『ダイナマイトエクスタシー』のワンシーンですが、出演することに事務所がためらっていたにもかかわらず、おのさんは自らの意思でスタジオに足を運んだそうです。セクシーキャラにも積極的なところを見せる彼女は、NGの少ないタレントとして使い勝手がいいのでしょう」(芸能ライター)


 昨年12月発売の初写真集『ぜんぶうそみたい。』(東京ニュース通信社)は、5日間で完売して増刷が決定したというおの。下着姿やシャワーシーンなど大胆な露出を披露しているおのは、自ら率先して水着衣装を脱いで撮影に臨んだという。SNSやバラエティでも果敢な攻めの姿勢を崩さず、今年もさまざまな話題を振りまいてほしいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

水着をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ