温泉ロケの豊満バストが好評な久松郁実! 目標とするタレントはクイーン・小島瑠璃子

1月5日(火)10時0分 メンズサイゾー

 昨年5月にリリースしたファーストイメージDVD『19』(リバプール)が、2015年アイドルDVDで最大のヒットを記録し、瞬く間に「新世代グラビア女王」と呼ばれるほどの存在になった久松郁実(19)。11月19日の「いいいくの日」には初の写真集『La iku』(講談社)を発売し、「10代の集大成」となった同作もAmazon予約ランキングで1位を獲得するヒットを飛ばした。


 今年の2月18日に迎える20歳の誕生日にはセカンドDVD『i(アイ)』(Happinet)をリリース。ランジェリー姿や温泉シーンなどセクシーな姿がふんだんに盛り込まれており、大人の魅力を発揮しているという。


 さらに、今月8日からはBSフジで初冠番組『久松郁実 ハタチまでにシタイこと』がスタート。久松が"素敵な大人の女性"を目指すこの番組は全6回の予定で、スキューバダイビングやベリーダンスなどに挑戦する。迫力のあるボディと弾ける笑顔で人気を集める彼女のアクティブな一面が楽しめる番組に仕上がっているようだ。


 そんな久松は、4日更新の情報サイト・日テレNEWS24のインタビューで、目標とするタレントとして小島瑠璃子(22)の名前を挙げた。小島といえば、『2015タレント番組出演本数ランキング』(ニホンモニター調べ)の女性部門で1位に選ばれたタレント。1月から11月までのテレビ出演本数は2014年から56本増の429本となり、前年トップの大久保佳代子(44)をおさえて女王の座に就いた超売れっ子だ。


「芸人さんが多数出演するバラエティ番組でも臆することなくトークを披露することができ、リアクションやMCスキルにも定評がある小島さんは、今のマルチタレントの代表格的な存在。幅広い層からの好感度が高い彼女の活躍はしばらく続くことでしょう。そんな小島さんは健康的な色っぽさを持つグラドルとして人気を博し、その後出演したバラエティで芸人さんとの相性の良さを発揮した。何事にも物おじしない果敢な姿勢で芸人さんにイジられながら存在感を示してきた。それでいて、アシスタントに徹することもできる彼女は前に出すぎることもないために進行のうまさにも定評がある。


 また、小島さんはここまでの売れっ子となりながらグラビア活動にも積極的で、若い世代の男性からも人気が高い。バラエティ番組などでも、プールや海でのロケでビキニを披露する大胆さを持っている。同性からは、あざとさが透けて見えるとしてネガティブな反応もありますが...。グラドルからバラエティで人気者となったタレントさんの中には水着仕事と距離を置く人もいますが、小島さんはグラビア人気の高さが今の活躍を支えていると考えているのかもしれませんね」(ネットライター)


 昨年の秋から放送されているロート製薬「OXY」のテレビCMでも、タオル1枚を身に着けた温泉入浴シーンを披露した小島。久松は"しゃべれるタレント"として小島を目標に掲げていたが、男性人気を持続させるためには、セクシーな魅力も大切な要素なのかもしれない。そして、そのセクシーさは今の久松には最大の武器でもある。


「久松さんは女性向けファッション誌『CanCam』(小学館)の専属モデルとしても活動中ですが、2014年度の『三愛水着イメージガール』就任をきっかけに男性向けグラビアに進出した。上からB83・W59・H86(cm)というスリーサイズは、まさに爆裂ボディと呼ぶにふさわしいもので多くの男性ファンを魅了している。今のところ久松さんはこうしたビジュアル面での評価がバラエティ出演につながっているワケですが、それを自覚しているのか、この魅力はすでに生かされている。


 3日放送の『ポンコツ&さまぁ〜ず』(テレビ東京系)では、温泉ロケに挑戦して推定Fカップと言われる胸の谷間を惜しげもなく披露した。メーンキャストのさま〜ず・三村マサカズさん(48)も迫力のある彼女の胸を『山』という言葉を使って表現していましたね。もちろん、視聴者にも好評でTwitterなどには久松さんの刺激的な姿を称賛するコメントが相次いで大きな盛り上がりを見せた。バラエティの温泉ロケではグラドルが重宝されますから、しばらくはこの手のロケ番組へのオファーは続くでしょうね。


 ただ、ここで気をつけないといけないのは、必要以上にエロくならないことです。あまり下品に映ってしまうと、せっかくモデルとしての実績があるのに女性からの支持を失いかねません。小島さんがスゴいのはそのバランス感覚です。たとえセクシーだとネット上で騒がれても、常に笑顔を絶やさない彼女は健康的なイメージを崩しません。ある意味でビジュアルの良い女芸人のようなポジションを築いていると言えるのかもしれませんね」(芸能ライター)


 今のところ出演したバラエティでは、トークやリアクションにたどたどしいところも見られる久松。今後テレビ露出が増えてバラエティスキルが向上し、クイーン・小島瑠璃子に迫る勢いを見せることができるのだろうか...。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小島瑠璃子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ