馬場ふみか、透け感ランジェリーで“日常エロス“に挑戦! 「この路線もっとやって」とファンに大好評

1月5日(木)18時0分 メンズサイゾー

 モデルで女優の馬場ふみか(21)が、発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙&巻頭グラビアに登場。インドア派である彼女の「普段の様子」を再現した完全撮りおろしグラビアが掲載され、ゆるさとエロさを両立した仕上がりに早くも絶賛が寄せられている。


 馬場は昨年12月19日に発売された同誌51号で表紙を飾ったばかり。半月足らずで2度も同じ雑誌の表紙に登場するのは異例中の異例の扱いとなるが、それもそのはず。昨年リリースした初の写真集『色っぽょ』(同)が3万部の売上をマークしており、固定ファンが期待できるAKB48グループ系を除けば「1万部でヒット」といわれる写真集業界において驚異的な売上を記録。写真集のアザーカットを掲載した前述の「週刊プレイボーイ」51号は書店やコンビニで品切れが続出する事態となった。


 もはや「週プレの顔」というだけでなく、馬場は「2017年のグラビア界の顔」といえる存在。だからこそ、ハイペースでの表紙&巻頭グラビア再起用となったようだ。


 そんな今回のグラビアは、これまでとは一味違った趣。透け感のあるランジェリー姿でソファでくつろいだり、肩出しニットで下半身はパンツだけ...に見える姿を披露したり、バストの谷間を露出しながらも「狙った」感がなかったりと、まるで本当に彼女の休日を覗いているかのように感じさせるセクシーグラビアとなっている。


 馬場は「今回のグラビアは、完全に素の自分を撮っていただいたという感じです。基本的にインドア派なので、休みの日は本当にこんな感じでゴロゴロしています。実家や、仲のいい友達の家でのんびりしているような雰囲気というか...」とコメント。衣装もスタイリストが用意した中から自分で選び、まさしく「素の馬場ふみか」が堪能できる仕上がりといえる。


 これを目にしたネット上の男性読者からは「身体がキレイすぎ」「こういう馬場ふみかを見たかったんだ」「攻めた感じはしないのにめっちゃエロい」「この路線もっとやってほしいわー」などと早くも絶賛コメントが数多く寄せられている。


「大ヒットしたファースト写真集では、完全ノーブラ状態となってロングヘアでバストを隠した『髪ブラ』ショットをはじめ、横乳をあらわにした背中ヌードや手ブラショットが満載。脱ぎっぷりのよさで世の男性たちをアッと驚かせました。その衝撃が冷めやらぬうちに、キメキメの露骨なセクシーではなく休日の素の表情を再現した『日常エロス』に挑戦したことで引き出しの多さを見せたといえるでしょう。さらに今回のグラビアは8ページにわたる破格の扱いですから、2017年も男性ファンを楽しませてくれるに違いありません」(アイドルライター)


 馬場は身長167センチ、スリーサイズは上からB83・W56・H84の完璧ボディが「神の造型」と称されているが、だからこそ「魅せ方」の幅は無限大。髪ブラや手ブラといった気合いのセクシーグラビアから今回のような日常エロス、さらなる新たな一面も期待できそう。最近はモデルとグラビアを両立する「モグラ女子」が隆盛しているが、2017年も彼女はそのトップを突っ走ってくれそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日常をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ