プロレスデビューの鈴木奈々、セクシーなコスチュームで大暴れ!

1月5日(木)20時0分 メンズサイゾー

 タレントの鈴木奈々(28)が4日放送の『スカウちょ!』(テレビ朝日系)に出演。かねてから伝えられていた女子プロレスのデビュー戦の様子が流され、ネット上の視聴者から絶賛の声が上がっている。


 さまざまな業界のプロが集まり、欲しい人材を実際にスカウトする番組で、女子プロレス団体「スターダム」から声をかけられた鈴木。フリーアナウンサーの脊山麻理子(36)らとオファーを受けた鈴木は、当初「ムリムリムリ!」と拒否していたのだが...。日ごろバラエティ番組で見せている大物芸能人に物おじしない態度がプロレス向きだと褒められると、「できるかも」と心変わり。さらに運動神経の良さを現役レスラーに認められると「やりまーす!」と返事をし、12月22日のデビュー戦に向けてさっそく練習を開始した。


 鈴木は多忙な仕事の合間を縫ってスターダムの道場に通い、基本の受け身からプロレスの技を身につけていく。しかし、プロレス挑戦を決めた番組の収録は11月で、鈴木の練習時間は1カ月ほどしかない。それだけでは不十分に思われたが、そんな心配は必要なかったようだ。


 プロレスの聖地である東京・後楽園ホールでのデビュー戦で、スターダムの「海賊王女」こと宝城カイリ(28)とシングルマッチで対戦することになった鈴木。ヤル気満々でリングインしたが、初っ端から逆水平チョップを連続で食らい、その後もビンタ、ラリアットと容赦ない攻撃を受けまくった。しばらく何もできない時間が続いたが、鈴木は会場を盛り上げる。攻撃されながらも、バラエティ番組で見せるような大きなリアクションをとっていたのだ。


 その後、ようやく攻め始めた鈴木が宝城を何度かフォールするも、すべて返されてしまう。それでもめげない鈴木は、持ち前の運動神経を発揮した技を繰り出すことに。軽々とコーナーに上り、トップロープから飛び降りて華麗なモンゴリアンチョップをお見舞いしたのだ。これには会場も大盛り上がり。最終的には逆エビ固めを決められて無念のギブアップとなったが、鈴木には惜しみない拍手が送られるのだった。


 ネット上の視聴者からも、「さすが鈴木奈々」「これからも本気で取り組めば面白い選手になりそう」「リングの上でもタレント性は抜群だな」といった絶賛コメントが殺到。この日の鈴木は胸の谷間をあらわにしたリングコスチュームだったため、そのセクシーさでもファンを魅了した。ちなみに脊山はタッグマッチ戦でリングデビューし、見事な勝利を飾ったことで話題になっている。


 年末放送の『ダマされた大賞2016〜今年の顔90人に超ド級ドッキリ砲!リオ戦士も緊急参戦〜』(日本テレビ系)でも、お馴染みのローションスライダー企画に挑戦して番組を盛り上げた鈴木。自らローションをカラダに塗りたくって胸を揉むなど、カラダを張りつつ色っぽい魅力を振りまく鈴木は、今年もバラエティ界の第一線で活躍してくれそうだ。
(文=aiba)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鈴木奈々をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ