現役JKの超逸材・夢乃、初グラビアで魅せた圧巻ボディが大絶賛!

1月5日(金)9時0分 メンズサイゾー

 「2018年東レキャンペーンガール」に選ばれた夢乃(17)が、抜群のスタイルを見せつけた。


 現役女子高生の夢乃は発売中の「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で、人生初のグラビアに挑戦。特製ミニフォトブックで屈託のない笑顔が眩しい制服ショットのほか、しなやかながらもメリハリのあるボディを大胆に露出したビキニ姿を披露した。


 173センチの高身長で、スリーサイズは上からB88・W61・H90(cm)のパーフェクトボディを誇る彼女。ふっくらと膨らむ豊満な胸と長い脚、健康的な美肌が目を引き、今回のグラビアには「圧倒的なスタイル」や「スーパー女子高生」といった大々的なコピーが躍っているが、それをすんなり受け入れられるほどの見事なルックスだ。


 まさに「超逸材」といった感じの夢乃には、ネット上のグラビアファンからも「かなりイイ!」「パーフェクトだな」「素晴らしい」「マジで今後が楽しみ」といった絶賛コメントが殺到。"長身巨乳"のボディはもちろんのこと、可愛らしい笑顔に癒される人も多く、初グラビアとは思えない完成度の高い内容に感激したようだ。


 早くも大ブレイクを予感させる彼女は、昨年10月に山口智子(53)や藤原紀香(46)、菊川怜(39)らを輩出した「2018年東レキャンペーンガール」に選出。その選考では、「スタイルの美しさ・トレンド性・将来性・上品・清楚・知的・バイタリティという項目全てを備える」と大絶賛された超大型新人だ。


 外見だけでなく、審査員は明るいキャラクターにも注目。夢乃は清楚な雰囲気を感じさせるが、子どものころから地元の神社のお神輿を担ぎ、「お祭り好き」という明るさもあるという。さらに、高校では応援団に入部するなど、かなり活発な一面を備えているようだ。


 今回のグラビアでも、明るい笑顔が印象的だった夢乃。その脱ぎっぷりも堂々としたもので、初グラビアとは思えないリラックスした雰囲気を感じさせる。今のところTwitterのフォロワー数なども少なく、一般的な知名度は低い状況だが、"名門キャンギャル"として今年1年活動すれば、あっという間に人気をアップさせそうだ。将来的には女優として活躍したいという彼女が、どんな成長を遂げるのか今から楽しみだ。

メンズサイゾー

「グラビア」をもっと詳しく

「グラビア」のニュース

BIGLOBE
トップへ