杉原杏璃、大人の色気と可憐な魅力! セクシードレスとセーラー服グラビアでファンを悩殺

1月5日(金)16時30分 メンズサイゾー

 抜群のプロポーションと愛くるしい笑顔を武器に、長年にわたってグラビア界の第一線で活躍する杉原杏璃(35)。「奇跡の30代」と称される彼女が、その衰え知らずの美貌を見せつけた。


 4日、杉原は「新年会へ〜」のタイトルでブログを更新し、グラスを片手に鮮やかな青のドレスを身につけた姿を公開。しなやかなボディラインとふんわりと膨らむ豊かな胸のカタチがよくわかり、大人の魅力を感じさせる写真になっている。


 さらに、4日発売の「アサ芸secret!スペシャル 」(徳間書店)のグラビアを飾っていることを告知し、そのオフショットを公開。ここで彼女は、ドレス姿とは異なる魅力を漂わせる。同誌の副題は「姉セーラー〜グラドル14人の制服革命」で、現役JDグラドルの忍野さら(22)や「ロリ巨乳」として人気の和地つかさ(24)ら20代グラドルにまじり、杉原も可憐なセーラー服姿を披露しているのだ。


 ブログでは、学生カバンを持っている初々しい女子高生姿や、制服を床に脱ぎ捨てた刺激的なランジェリーショットを公開。杉原は同じ画像をTwitterでも公開し、「ここにきてセーラーグラビアなの」と、ちょっぴり照れくさそうなコメントを添えているが、セーラー服の着こなしはバッチリだ。


 ネット上のファンからも、「まだまだイケる」「現役JKみたい」「一瞬、昔の写真かと思った」「セーラー服、めっちゃ似合ってます」といった絶賛コメントが殺到。また、色っぽいドレス姿と可愛らしい魅力にあふれた制服姿のギャップに、「まるで別人のようだ」と驚く人が続出することになった。


 杉原といえば、昨年6月にリリースした『Last Kiss〜杉原杏璃ファイナルイメージ』(ラインコミュニケーションズ)を最後にイメージ作品から卒業。だが、その後も雑誌グラビアや公式カレンダーのリリースは継続しており、相変わらず見事なスタイルを見せつける。


 杉原はイメージ作品からの卒業を発表した際に、「DVDに向けていたエネルギーを違った方向へ向けたい」とコメントしたとおり、昨年の後半には精力的にイベントに参加。ハロウィーン時期には仮装コンテストに参加してセクシーなバニー姿を、年末には六本木のショークラブ「バーレスク東京」の1日ショーガールに就任し、ド派手な衣装に身を包んでセクシーなパフォーマンスを披露した。


 また、今回のようにブログやTwitterなどでも、以前と変わらずにセクシーショットを連発している。イメージ作品からは離れたとはいえ、色気と可憐な魅力を備える彼女は、今年もさまざまな姿でファンを喜ばせてくれそうだ。

メンズサイゾー

「セーラー服」をもっと詳しく

「セーラー服」のニュース

BIGLOBE
トップへ