吉本実憂、悪女役で「変わった」 新年晴れ着インタビュー

1月5日(火)9時52分 MAiDiGiTV


 昨年、映画「罪の余白」(大塚祐吉監督)で「悪魔のようなモンスター女子高生」と称されるヒロインを演じた女優の吉本実憂さん(19)が晴れ着姿でインタビューに応じた。「悪女をやってガラッと変わりました」という2015年や、プライベート、目標などについて聞いた。

 淡い水色に、赤い花があしらわれた振り袖姿でインタビューに応じた吉本さん。「(今まで)ブルーとかパキッとした色のお着物が多かったのですが、今年は淡い色を着て新鮮な気持ちです」とにっこり。

 15年を「人やたくさんの作品など出会いのある年でした」と振り返る。映画「罪の余白」では、いじめの主犯格を演じたが「悪女という意識では演じていませんでした。ですが、完成した映画を見ていただいた方々に、『怖かった』と言われてうれしかったです」と充実した表情。「(役柄で)相手が傷つくことや、きつい発言を言ったり精神的につらい部分もありました」という一方で、「最後は楽しんでできるようになりました。人って誰でも悪い部分を持っているんだって気づかされました」とおどけた。
 
 またプライベートでは、作家の湊かなえさんの小説にハマり、数々の作品を読んだといい「湊さんの視点というか、いろいろな人物になって物事を見ている捉え方がすごいなって思いました」と目を輝かせ、「湊さんの作品が実写化されたときに出演したいという思いが芽生えました」と目標を語った。

 16年は「いろいろな作品や役と向き合うようにしたいです」と話し、「次は、明るくて、真っすぐで何事にも全力! みたいな役とかもやってみたいですね」と笑顔を見せた。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

インタビューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ