注目ワード安倍首相・奉納 多部未華子・なんか個性なくなっちゃったな 竜・竜の白骨死体 不倫・報道 ハロウィンジャンボ・発売 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

蛭子さんをも困惑させたマルシアの『ローカル路線バス』傍若無人・ワガママぶり!

messy1月5日(月)18時0分
画像:『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』公式HPより
写真を拡大
『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』公式HPより

 2007年に特番としてひっそり放送開始し、年2〜3本のペースながら人気番組となっているテレビ東京系の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』。1月3日、第19弾となる「大阪城〜金沢兼六園 人情ふれあい珍道中」編がオンエアされたが、ゲストで登場したマルシア(45)のワガママぶりは前代未聞だった。

 リーダーの太川陽介(55)と蛭子能収(67)が、マドンナ役の女性タレントを迎え、ローカル路線バスのみを使用し、3泊4日で指定の目的地に向かい旅をする同番組。ロケバスやタクシーでの移動はなく、目的地へ向かうルートは出演者たち自らが決め、宿泊先や撮影交渉も出演者らで行うガチぶりが、予定調和の蔓延する昨今のテレビバラエティでは異色として人気になっている。毎度、蛭子のマイペースでとぼけた調子に太川やマドンナ女性が呆れたり突っ込んだりするパターンがお決まりだが、今回登場したマドンナ・マルシアは、蛭子のさらに上を行くダメ加減だとして放送中からインターネット上が荒れに荒れた。

 先述の通り、一行が利用できるのは路線バスのみ。ゆえにある程度は徒歩移動もしなければならないのだが、マルシアは二言目には「もう疲れた」。10kmの距離を歩くとなると「イヤイヤ〜!」、と言い、掟破りのロケバス乗車に。腰を悪くしているため長距離を歩けないとのことだったが、とにかく終始「歩きたくない」の一点張りだったため、蛭子さえ「太川さん、マルシアに説教してあげてよ」と音を上げるほどだった。

 急がなければ次のバス発車時刻など予定に間に合わないという場面でも全く焦る素振りを見せず、蛭子以上のマイペースを貫くマルシア。おまけに「何か飲みたい」「お腹すいた」の連発で、太川にロケ地在住の女子高生の自転車を借りさせてコーヒーを買いに行かせるワガママぶりに、いつもは温厚な太川があからさまな苛立ちを見せる始末だ。バス乗車中、カメラが回る“仕事モード”の状態で、蛭子以上に深く眠りに落ち、蛭子と太川が困惑するシーンも。そんなマルシアの登場で番組が面白くなり、笑いの連鎖につながるならば良いのだが、放送時間3時間半オーバーという長丁場もあってか視聴者も実況スレッドやSNSでこれでもかというほどマルシアへの不満を書き込みまくり、正月早々スレが伸びていた。

 一方、他の出演者を戸惑わせ、待たせ、振り回しまくるマルシアには「これぞラテンの女w」と納得するコメントもあった。あまりにワガママかつ不満タラタラのマドンナ出演によって、あの蛭子がしっかり者の役目に回らざるを得ない今回の構成も、制作側としてはマンネリ化防止という狙いがあったのかもしれない。

 ちなみにマルシアの元夫で、マルシア不在中に自宅ベッドに女性を連れ込み、帰宅した妻と鉢合わせするという「矢口離婚」の先駆けをはたらいた大鶴義丹(46)は、昨年12月30日に同じくテレビ東京系で放送された『ヨーロッパ横断トラック乗り継ぎ旅』に出演。モナコからリスボンまで、単独でトラックによるヒッチハイク旅を敢行していた。(犬咲マコト)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード
路線バスのまとめ写真 マルシアのまとめ写真 番組のまとめ写真 テレビ東京のまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「路線バス」「マルシア」「番組」「テレビ東京」の関連トピックス

「路線バス」をもっと詳しく

注目ニュース
多部未華子の垢抜けメイクにお節介アドバイス続出「なんか個性なくなっちゃったな」「もっとナチュラルなメイクにしなよ!」 messy10月17日(火)23時0分
10月13日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)に、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の番宣で嵐の櫻井翔(35)と多部未華子(2…[ 記事全文 ]
超高齢社会の今、“大人用おむつ”の使命とは何か? NEWSポストセブン10月18日(水)7時0分
厚生労働省の調査では75才以上の46.4%、80才以上の57.0%が尿失禁を経験。半数以上の人が、おむつをせざるを得ない状況であるといえる…[ 記事全文 ]
広島中央署8500万円盗難事件 30代捜査員の「謎の死」 NEWSポストセブン10月18日(水)7時0分
「事件が動くかもしれない。広島県警の事情聴取を受けていた県警の捜査員の一人が、亡くなった。年齢は30代後半だといい、関係者に衝撃が走ってい…[ 記事全文 ]
関ジャニ∞大倉忠義、「女の浮気」にブチ切れ! 三股相談に「古傷をえぐられた?」との憶測も messy10月17日(火)21時45分
10月14日深夜に放送されたラジオ番組『オールナイトニッポンサタデースペシャル大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)で、パーソナリティを務め…[ 記事全文 ]
清水アキラの“号泣会見”に「ウソ泣きにしか見えない」と指摘続々! アサ芸プラス10月17日(火)17時58分
清水アキラの三男・清水良太郎の「薬物逮捕」が世間を騒がせている。10月10日、東京・池袋のホテルで女性に薬物を飲ませたとして通報された良太…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア