嵐・櫻井翔、松本潤との“炎上商法”宣言も笑い止まらず “翔潤”トレンド入りの親密ぶり

1月5日(金)10時48分 モデルプレス

嵐・櫻井翔、松本潤との“炎上商法”宣言も笑い止まらず “翔潤”トレンド入りの親密ぶり (C)モデルプレス

写真を拡大

櫻井翔松本潤/モデルプレス=1月5日】嵐の櫻井翔と松本潤が、4日放送のTBS系バラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会2時間SP」(よる9時〜)で共演。仲睦まじいやりとりで沸かせた。

“翔潤コンビ”の愛称でファンから親しまれている櫻井と松本。松本が同番組に出演するのは、嵐メンバーの中で最多の3回であることに対し、MCを務める櫻井は「まあ最多は当然僕ですけどね!」とドヤ顔を見せた。

それを見ていた、有吉弘行が「何ライバル心出してんの?めちゃめちゃギスギスしてるね」と2人の関係性についてツッコミを入れ、松本は「してないじゃん!どこが!?この番組でしか言われないですよ」と苦笑いで否定。しかし、櫻井は「2018年変えようと思って。もう、炎上商法しようかな。乗っかっていきます、ギスギス感を出して」と茶目っ気たっぷりに笑いを誘った。

◆謝罪されるも笑い溢れる

その後、以前松本が同番組に出演した際、盆栽への情熱を熱く語り20万円の盆栽を購入していたが、すでに「盆栽への情熱が無くなったのでは?」という疑惑が浮上。それに対して松本は「(情熱の)波ってやっぱりあるじゃないですか」と暗に認め、番組で購入した盆栽の元気がないことを明かした。

すると、櫻井はすかさず「元気がないのは情熱を注いでないから。(愛が足りないのだとしたら)問題ですよ」としかめっ面。有吉から「(櫻井が)めちゃめちゃ怒ってるから。軽く謝ってよ」と促され、松本が「何かすみません…」と謝ることに。櫻井は仏頂面で“ギスギス感”を演じるも、謝罪を聞くなりこらえきれず吹き出し、スタジオも笑いに包まれた。

◆虫に強がる松本潤

さらに「虫が苦手」という疑惑をかけられてカブトムシを持つことなった場面では、触ることはできても持つことができず「キャラメルみたいなパリパリ感がある。クレームブリュレ的な」など困惑する松本。

そんな時、横から櫻井が「なんだかんだゴタゴタ言ってますけど、子どもの時から虫嫌いです。よく触ったなと思った。昔からダメだもん」とさらりと暴露し、「強がってたの?」などと松本がいじられていた。

◆翔潤トレンド入り

櫻井と松本のやりとりに、ネット上でも反響をよび「翔潤」がトレンド入り。「翔くんのお兄ちゃん感たまらん」「炎上商法とか言って炎上しきれてない翔潤」「やっぱり翔潤最高!!」などとファンのコメントが相次いだ。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

炎上をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ