貴乃花親方を「塩対応」と表現したNEWS ZEROが炎上

1月5日(金)11時30分 まいじつ


(C)Shutterstock



日本相撲協会の理事職を解任された貴乃花親方が年始から多くのニュース番組で取り上げられている。1月4日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でも報じられ、その際の貴乃花親方の扱いに対し、インターネット上が騒然としている。


【関連】 嵐・櫻井翔とテレ朝・小川彩佳アナ「不穏な関係」の理由 ほか


引退を表明した元横綱の日馬富士の暴行から端を発した今回の騒動だが、NEWS ZEROでは問題の背景に触れることはせず、貴乃花親方の協力姿勢や行動のみをピックアップし、まるで貴乃花親方が犯罪者であるように報じた。


これを受けネット上では《ZEROの貴乃花親方への扱いが犯罪者並みだ》、《ZERO観ていても“貴乃花親方が理事解任されて当然の行いをした結果”としか報道されていない気がする。》、《凄いね、「貴乃花が従わなかったのが悪い」という印象操作たっぷりの放送。相撲協会のスポークスマンですかね》など、問題の背景を深堀せず、印象操作とも取られかねない報道に反発する投稿が広がった。



報道における表現方法にも苦言が続出


またNEWS ZEROでは、貴乃花親方が相撲協会に対しとった行動について、たびたび「塩対応」と表現。ニュース番組にしてはくだけた表現に対しても批判が集まった。


ツイッターでは《ニュースでやってたのは草。「貴乃花親方、塩対応」って握手会かよ》、《報道番組がその貴乃花親方の対応について『塩対応』とかいうアホ丸出しの言葉使ってることの方が気になる》、《塩対応という言葉が使われてたんだけど、この場面で報道番組が使うべき言葉として適切なのか???》などといった投稿があり。情報を正しく伝えるべき報道番組が使うにふさわしい言葉なのか、疑問の意見が多く出ている。


貴乃花親方は理事を解任されたが、1カ月後の理事会に立候補することは可能で、貴乃花親方が何らかの行動を起こすであろうことが予想されている。


貴乃花親方の“切り返し”を期待する相撲ファンも多いだろう。



まいじつ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

貴乃花親方をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ