“困り顔”のGカップ!「ポスト壇蜜」こみつじょうの柔美乳に悶絶必至!

1月5日(日)7時31分 まいじつ

整った顔と美しいボディーで世の男性を魅了し、癒やしを与えてくれるグラビアアイドルたち。日々多くの逸材が登場するグラビア界で、近々に大ブレークを予感させるのが、レースクイーン・コスプレイヤーとしても活動する「こみつじょう」だ。


【関連】橋本環奈と土屋太鳳が“ゆっさゆっさ” 2019年のピンクなCM大賞はコレ!ほか


こみつじょうのデビューは2016年。グラビアデビュー前はOLをしており、164センチの長身とGカップのダイナマイトボディーを武器にコスプレイヤーとして活動していた。そのポテンシャルが徐々に認められると、スカウトにより芸能界入りし、翌年にはファーストDVD『こみつのひみつ』をリリース。1作目ながらハイレグや疑似ベッドシーンに挑み、〝Hなお姉さん〟を具現化したような映像でグラドルファンの度肝を抜いた。


1作目からいきなり大好評だったためか、17年には計3枚のDVDをリリース。特に、18年リリースの『秘蜜を味あわせて』ではバニーガールに扮し、大事な部分をトランプで隠しただけのかなり大胆な露出に挑戦した。




 


地味めな困り顔から繰り出す強烈なセクシーさ


本人もグラビアには積極的なようで、グラビアの魅力について聞かれたインタビューでは《女性の魅力を最大限に発揮できることと、女性らしさを高められること》と語ったことも。Gカップのダイナマイトボディーとあふれ出るフェロモンが、自身の大きな武器であることを自覚しているようだ。


しかし、セクシーな雰囲気やド派手なボディーと対象的に、顔自体は〝困り顔〟を自分で認めるほど控えめ。つぶらな瞳から繰り出す上目遣いはかわいらしさ抜群だが、水着になれば一気に色気を爆発させた表情に切り替わる。まさに、かわいいとセクシーを両立させた逸材と言えるだろう。




「こみつじょうは、ジャンルこそ違えど、あの壇蜜にすら劣らないエロさがある。バスト・ウエスト・ヒップのどこをとっても一級品で、グラビア界ではここ数年でもトップ級の逸材と言えます」(グラビアライター)


ネット上にも、



《地味顔と体のギャップが良い》

《何なんだろう、このあふれるえちえち感》

《今自分の中で一番安定してるグラドル》

《とにかくエロい》

《いい意味で普通っぽいルックスと、目つきの色っぽさのギャップが素晴らしい!》

《スタイル抜群。柔らか美巨乳。しゃべりも良い》



などといった声があり、その潜在力はかなり評価されているよう。


残念ながら2019年のDVDリリースはなかったが、〝宝の持ち腐れ〟とならぬよう、2020年は精力的なグラビア活動に期待したい。


 


【画像】


nudethaimodel / Shutterstock


まいじつ

「ポスト」をもっと詳しく

「ポスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ