「マリート、バーニョ、アスペッタ」 平愛梨、呪文を唱えイタリア人との会話を成功させる

1月5日(金)18時30分 ねとらぼ

新年を迎えての夫婦ショット、お腹の子どもに手を添える長友さん(画像は平愛梨公式ブログから)

写真を拡大

 女優の平愛梨さんが1月4日にブログを更新。イタリアの自宅で体験した現地人との交流を元気いっぱいに振り返っています。マリート、バーニョ、アスペッタ!
 「自宅にイタリア人がやってきた!!」のタイトルでブログを更新し、イタリア人との意思疎通にてんやわんやしたことをつづった平さん。この日は、夫の長友佑都さんと朝食を食べ終えると、お風呂のガス交換のために、業者のイタリア人男性が自宅を訪れたとのこと。長友さんが流ちょうなイタリア語で対応し、平さんはせっせと洗い物をしていたそうですが、「イタリア男性が背後から話しかけてきた!!」といきなり緊張の展開を迎えます。
 日本生まれ日本育ちの平さんは、「男『%\♪/°×*…』 全く何言ってるか分からない!!」とイタリア語が理解できず大慌て。しかし、なぜか長友さんは姿を消しており、平さんは「アスペッタ(待って)」となんとか知っている単語で対応したそうです。これは焦るな……!
 頼れる旦那様を捜索し、「トイレかーぃ!!」と居場所を突き止めた平さんは、扉越しに「なんかよくわからない事言われてるの!!(平さん)」「大丈夫だよ。俺がすぐ行くからね。アスペッタと言って待ってもらって(長友さん)」「おっ! あってた! アスペッタと言ったの(平さん)」とトイレのドア越しなのかほっこりするやりとりを交わし、再びイタリア人男性の下にダッシュで舞い戻ったとのこと。
 平さんは、「マリート、バーニョ、アスペッタ(旦那、トイレ、待って)」と呪文めいたイタリア語を駆使して、見事にイタリア人男性との意思疎通に成功。その時の喜びを「通じた反応をした!! やったーーー!!」と元気に表現しています。めちゃくちゃうれしそう。
 勢いづいた平さんが、「スクジィ、ナトラーレ、プレーゴー(すみません、お水、どうぞ)」とさらなる会話に挑戦していると、長友さんがトイレから戻って無事にガス交換も終了。ドタバタの朝を振り返った平さんは、「言葉の壁は大変だけど少しでも通じ合えた瞬間って飛び跳ねるぐらい嬉しいんだなーと思った」とあらためて喜びをつづり、「ペラペラに話せるにはどれぐらい時間かかるんだろうか」と、いつか来るかもしれない未来に思いを馳(は)せていました。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イタリアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ