日村、ネイマールのサイン入り靴を普通に履く

1月5日(金)10時44分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・バナナマンが、1月4日に放送されたバラエティ番組「もろもろのハナシ〜芸能人の街・中目黒 完全攻略スペシャル〜」(フジテレビ系)に出演。サッカー・ブラジル代表のネイマール選手にサインしてもらった靴を、日村勇紀(45歳)が普通に履いていたとのエピソードを語った。

この日、芸能人・有名人のサインについてトークが進む中で、設楽統(44歳)が「日村さんすごいんだよ」と語り始めたネイマール選手のサインに関するエピソード。

「ロナウジーニョじゃないや、誰だっけ…あの…」と思い出せない設楽、「ペスカトーレじゃなくて…なんだっけ。ネイマール!」と同じように記憶が曖昧な日村だったが、設楽によると、フジテレビ局内の廊下でネイマール選手に会ったことがあり、そのときに日村が咄嗟に「靴脱いで『これに(サイン)してくれ』」ということがあったそうだ。

ネイマール選手に直筆サインを入れてもらった靴。設楽は「すごい宝物じゃん。(でも日村は)普通に履いてた。『マジで、とっておいたほうがいいよこれ』って」と日村の信じられない行動を、驚きを交えて語っていたが、これには日村にも事情があったという。

「(宝物と)言われたらそうなんだけどさ。今は履かなくしてるんだけど。その白いの『エアフォース1』(ナイキ)なんだけど、大好きで。そればっかり履いてたわけよ。そのときもたまたまそれに(サイン)してもらったけど、履けなくなっちゃうから」と、日村の中ではサインを保管することよりも、靴を日常使いすることのほうが優先度が勝ったということのようだ。これには共演のおぎやはぎオードリーもただただ驚いていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ネイマールをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ