BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ヒステリックパニック、初となるミニアルバムのリリースを新春ライブで発表

OKMusic1月5日(木)14時0分
画像:1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
写真を拡大
1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
画像:1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
写真を拡大
1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
画像:1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
写真を拡大
1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
画像:1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
写真を拡大
1月4日@ZEPP NAGOYA (OKMusic)
画像:ヒステリックパニック (OKMusic)
写真を拡大
ヒステリックパニック (OKMusic)
ヒステリックパニックが毎年恒例の新春興業「あけましておめDEAD! 今年もよろSICK! 2017」を1月4日にZEPP NAGOYAで開催し、2017年は今まで以上に精力的にライブを行っていくことと、初夏にはバンド初となるミニアルバムをリリースすることを発表した。

今年は今年5月に同じBLACK SHEEP RECORDSからメジャー・デビューが決定したBACK LIFT、そしてメンバーチェンジを経て再始動しはじめたTHREE LIGHTS DOWN KINGSとの3マン公演。同世代で、ジャンルは違えど名古屋のシーンを引っ張ってきた盟友とも言えるバンドが登場したイベントだけあり名古屋中のライブキッズが集合したかのように開場前から大きな盛り上がりを見せた。

オープニングゲストの THREE LIGHTS DOWN KINGS、BACK LIFTのステージでフロアの熱気が上昇していく中、満を持してヒスパニが登場。オープニングSEの「Chaos Step」が流れただけでオーディエンスの興奮は絶好調に。オープニングはヒスパニのインディ時代の代表曲「人生ゲーム」。続いて2ndアルバム『ノイジー・マイノリティー』より「Brain Dead」、「しぐなる」とたたみかけるように熱いステージを披露。

そしてVo.ともから「2017年はライブで行けていないところも含めて、昨年まで以上にライブの回数を増やしていくから、みんな遊びに来てくれよな〜。夏前にはミニアルバムをリリースしまます。ライブにふさわしい新曲をつめ込んだそれもってライブ周っていくから」と今年の活動指針が発表された。

その後も熱い楽曲を演奏し、入手困難な会場限定シングル「Extra Issue」収録曲の「AM27:00」で本編は終了。アンコールででんぱ組inc.へのオマージュ曲「でんでんひすぱっしょん」、ヒスパニの原点「WiLL」にて約50分のステージは終了となった。

初夏にリリースされる予定のミニ・アルバムは、初期のヒスパニを彷彿とさせる重く、スラッシーなリフの中にもメタル・コア勢とは違うポップなメロディ・ラインとハーモニーが融合した、彼らの魅力を十二分に発揮した楽曲を中心に、“ひたすらライブで盛り上がれる、暴れられる"というバンドの原点とも言うべき楽曲を詰め込んだ作品になる予定だ。作品内容、商品詳細等は確定し次第発表になるとのことで、こちらも楽しみにしてほしい。

Live Photo by Rui Hashimoto
OKMusic

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ライブ」をもっと詳しく

注目ニュース
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
NGT48北原里英、グループ卒業を発表 モデルプレス8月21日(月)19時19分
【北原里英/モデルプレス=8月21日】NGT48の北原里英が21日、自身のTwitterを更新しグループ卒業を発表した。[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]
村田沙耶香インタビュー「バイトは週3日、週末はダメ人間です」 #2 文春オンライン8月21日(月)17時0分
(#1より続く)芥川賞作家との出会い——再び小説が書けるようになったきっかけは?©文藝春秋村田大学2年生の時に本屋で「小説の書き方」が分か…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア