ヒスパニ、新春ライブで主催イベント開催&EPリリースを発表

1月5日(金)12時0分 OKMusic

(OKMusic)

写真を拡大



ヒステリックパニックが、毎年恒例となっている新春ライブ『お正月だし ヒスパニ5周年だし ツアーファイナルだし なんかいろいろおめでたいフェスタ 2018』を1月4日(木)にZEPP NAGOYAで開催した。盛況のうちに幕を下したが、その中でヒステリックパニックのデビュー日である4月1日(日)にメジャーデビュー3周年を記念して、川崎CLUB CITTAにおいて主催イベント『全日本ぬるぬる祭り』の開催を発表。また初夏にはセンチメンタル・サーカス以来となるEPをリリースすることが発表された。

ヒステリックパニックは毎年『あけましておめDEAD! 今年もよろSICK! 』と題した新春ライブ・イベントを年明け4日に行っているが、2018年はDead or ALIVE TOURの裏ツアーファイナル、バンド結成5周年、さらには初ZEPP NAGOYAワンマン公演ということもあり『お正月だし ヒスパニ5周年だし ツアーファイナルだし なんかいろいろおめでたいフェスタ 2018』と題し、通常の新春ライブとは一線を画した形で行った。

2017年のライブ初めの『あけましておめDEAD! 今年もよろSICK! 2017』もZEPP NAGOYAで開催しているが、この時点では盟友BACK LIFTとの2マンライブであり、オープンニングアクトとしてTHREE LIGHTS DOWN KINGSが出演するイベント形式のライブであった。レペゼン名古屋を掲げ、地元名古屋に愛されるヒステリックパニックだが、ZEPP NAGOYAでのワンマンライブはヒステリックパニック史上初。名古屋最大のライブハウスでのライブはヒスパニ史上初となる25曲の楽曲を演奏。さらにそれとは別にアコースティックセットから、ドラムソロ、定番のコーナーも含んでの2時間を超えるライブとなったが、年明け早々から集まったオーディエンスのその笑顔がライブの充実と出来を物語っていた。

アンコール終了後の集合写真撮影時にVo.ともから4月1日(日)にメジャーデビュー3周年記念として川崎CLUB CITTAでヒスパニ主催の『全日本ぬるぬる祭り』の開催と初夏に新たな作品を発表することがともからアナウンスされた。2015年4月1日(水)「うそつき。」でのメジャーデビューから早3年、CLUB CITTAは8月29日(パニックの日)のイベントでも使用している馴染みのライブハウスだけに、どんなイベントになるか乞うご期待。

この作品は3曲入りのシングル盤となりそうだが、昔ながらの言い方で言えばトリプルA面すべて推し曲というものになりそうで、前作ミニアルバム『LIVE A LVE』はライブに特化した楽曲ばかりを詰め込んだ作品だったが、次作もこの『LIVE A LIVE』や配信のみで発表され「Shut up」と同じようにヒスパニの原点とも言うべき “ひたすらライブで盛り上がれる、暴れられる”という楽曲を詰め込んだ作品になる予定だ。作品内容、商品詳細等は後日発表される。

『全日本ぬるぬる祭り』

4月01日(日) 川崎CLUB CITTA'
開場:16:30/開演:17:30
出演:ヒステリックパニック and more!!
前売り:¥3,900 当日:¥4,400 (別途ドリンク代あり)

OKMusic

この記事が気に入ったらいいね!しよう

デビューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ