【年末年始TV出演】1位は二宮和也&千鳥・大悟&バイきんぐ・小峠 嵐は全員トップ10

1月5日(金)17時0分 オリコン

「2017~2018年の年末年始TV番組出演者ランキング」で1位となった千鳥・大悟(左)とバイきんぐ・小峠英二 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 テレビ番組・CMのリサーチを行うエム・データは5日、「2017〜2018年の年末年始TV番組出演者ランキング」を発表。1位は嵐の二宮和也、千鳥の大悟、バイきんぐの小峠英二の3人が並んだ(21番組)。二宮以外の嵐のメンバーも、全員がトップ10入りしている。

 同ランキングは、2017年12月28日から18年1月3日に放送された番組が対象。4位は嵐の櫻井翔松本潤、千鳥のノブの3人(20番組)。7位はバナナマンの設楽統(19番組)、8位は嵐の相葉雅紀と大野智、お笑い芸人のサンシャイン池崎が続いた(18番組)。

 初登場のトップは、昨年大ブレイクした“ひふみん”こと加藤一二三(15番組)。そのほかブルゾンちえみ(14番組)、ガンバレルーヤ(よしこ13番組、まひる12番組)、にゃんこスター(12番組)、尼神インター(誠子13番組、渚12番組)と人気の女性芸人たちも大きく躍進した。

■2017年〜2018年の年末年始TV番組出演者ランキング
1位 21番組
二宮和也(嵐)、大悟(千鳥)、小峠英二(バイきんぐ)
4位 20番組
櫻井翔(嵐)、松本潤(嵐)、ノブ(千鳥)
7位 19番組
設楽統(バナナマン)
8位 18番組
大野智(嵐)、相葉雅紀(嵐)、サンシャイン池崎
11位 17番組
国分太一(TOKIO)、日村勇紀(バナナマン)
13位 16番組
内村光良(ウッチャンナンチャン)、田中卓志(アンガールズ)、伊達みきお(サンドウィッチマン)
16位 15番組
有吉弘行、加藤一二三、富澤たけし(サンドウィッチマン)
19位 14番組
出川哲朗、城島茂(TOKIO)、平野ノラ、渡辺直美、指原莉乃(HKT48)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、ホラン千秋、ブルゾンちえみ
27位 13番組
春日俊彰(オードリー)、澤部佑(ハライチ)、博多大吉(博多華丸・大吉)、カズレーザー(メイプル超合金)、中岡創一(ロッチ)、滝沢カレン、よしこ(ガンバレルーヤ)、誠子(尼神インター)

【調査概要】
・期間:2017年12月27日〜2018年1月3日
・調査対象:NHK(Eテレ除く)、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区地上波キー局)で放送されたテレビ番組(再放送含む)レギュラー出演、ゲスト出演した人物
【※放送局所属およびフリーアナウンサー、またナレーションでの出演は対象外】
・調査方法:上記対象の出演放送回数をカウント。
【※通販番組は調査対象外。ニュース/情報番組内のコーナー出演は含む】

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

千鳥をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ