『紅白』で倒れた欅坂46・鈴本美愉、回復をブログで報告「元気になりました」

1月5日(金)17時0分 オリコン

欅坂46・鈴本美愉 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 昨年大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』のステージ上でパフォーマンス後に倒れた欅坂46の鈴本美愉(20)が5日、ブログを更新。「お陰様で回復して元気になりましたので、ご安心下さい」と回復ぶりを伝えた。

 欅坂46は後半のトップバッターで登場し「不協和音」を披露。その約27分後、総合司会の内村光良とのコラボ企画で再び「不協和音」を歌唱したが、消耗の激しい楽曲のため、歌唱後にステージ上で倒れ込む姿が放送された。

 鈴本は「紅白歌合戦の際、たくさんの方々にご心配とご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」とお詫び。この日はもう一度ブログを更新し、新年のあいさつや昨年の振り返り、今年の目標などをつづっている。

 「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が仰向けに倒れ込んだ。センターの平手友梨奈も最後のポーズで手が小刻みに震えており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれていた。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

欅坂46をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ