劇場版『CCさくら』リバイバル上映 丹下桜、18年前の作品見て「涙が流れた」

1月5日(金)19時32分 オリコン

『劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード』リバイバル上映会に出席した(左から)くまいもとこ、丹下桜(C)ワーナー ブラザース ジャパン合同会社

写真を拡大

 『劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード』リバイバル上映の舞台あいさつが5日、都内で行われ、主人公・木之本桜役の丹下桜、李小狼役のくまいもとこが出席した。

 同作は2000年に公開。小学6年生になったさくらたちの、夏休みの様子を描いた物語で、さくらと小狼の恋に焦点が当てられている。7日からNHK BSプレミアムで放送される新アニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』が放送直前ということもあり、舞台あいさつが企画された。

 18年前の作品を改めて見た丹下は「涙が流れた」と感慨深い様子だったが、ドキドキした場面は「バトルシーンではなく、小狼君と付き合う前に2人で観覧車に乗るところです」と明かし、会場を笑わせた。この日のためにDVDを見て予習したというくまいは「当時はケロちゃん(アニメのマスコット的キャラ)が、かわいく思えなかったけど、ケーキを食べようとするシーンを見て萌えた」と笑顔で話した。

 新作アニメについて丹下は「中学1年生のフレッシュな感じで演じました。原作にないオリジナルの話もあり、『桜』満開の年にしたいと思います。お楽しみに」と、これからも同作シリーズを応援してほしいとアピールした。

 『カードキャプターさくら クリアカード編』はNHK BSプレミアムで7日より毎週日曜午前7時30分からスタート。再放送は12日より毎週金曜午後11時45分から。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

カードキャプターさくらをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ