お茶の間に届くアイドルになって、"たまアリ"のワンマンライブを成功させたい! 仮面女子が語る2015年の戦略とは!?

1月5日(月)21時0分 おたぽる

正月に「元気種☆」をリリースした仮面女子。

写真を拡大

 2014年は、2回のZepp 東京でのワンマンライブ、台湾と韓国への進出、そして「LOUD PARK」などのアイドルの枠を超えた音楽フェスへの出場と、大きく飛躍した仮面女子。2015年1月1日にリリースした「元気種☆」も12月29日の時点で劇場予約のみで12万枚を突破。"オリコン1位"という言葉が現実味を増して来ている。そんな仮面女子から、アリス十番のリーダー・桜のどか、同じくアリス十番のセンター・立花あんな、スチームガールズのリーダー・新矢皐月、アーマーガールズのリーダー・愛沢美奈に、今年の抱負を語ってもらった。

——2014年は、みなさんにとってどんな年でしたか?

桜のどか 去年は本当に仮面女子にとって、"準備段階"といえる年で、飛躍の年になったと思います。地下アイドルでありながら、地下アイドルの枠を超えた「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」「LOUD PARK」というフェスにも出演させていただいたことがすごく大きかったです。また、Zepp 東京でのワンマンライブも2回やりました。1回目は惜しくもチケットがソウルドアウトにならず、リベンジのワンマンライブを10月13日にやったのですが、そこでは本当にたくさんの方に見ていただいて、最高の1日を送ることができました。去年、準備したものを活かして、今年は一気にもっと飛躍したいと思います。

愛沢美奈 私は去年の8月に仮面女子になったので、5月3日に行われた1回目のZepp 東京のワンマンライブには出られず、2回目のリベンジワンマンに出演したのですが、そのとき見た光景が今でも目に焼き付いていて、本当に忘れられないライブでした。そういうことも仮面女子として経験しつつ、今年はZepp 東京よりもっともっと大きいさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブが、11月23日にあります。本当にそこに向けて、みんなで協力してひとつのステージを作り上げていきたいと思うので、個人的にももっと飛躍して、いろいろな場面で活躍したいです。

新矢皐月 去年は本当にいろいろなフェスに出せていただいて、アイドルファンではない方にもいっぱい仮面女子を知ってもらうことができました。3カ国同時ライブということで、台湾と日本と韓国のソウルでライブをして、仮面女子は世界にも進出できたので、来年はさらにいろいろな地域や国を巡って、仮面女子を飛躍させたいです。そして、さいたまスーパーアリーナのライブにつなげて、絶対に成功させたいです。

立花あんな 去年もすてきな楽曲を歌わせていただきましたが、今年は1月1日の元旦に「元気種☆」をリリースしました。この日に向けて、毎日ファンの方に宣伝して、本当に多くの方にこの曲を届けたいと思って頑張ってきました。2014年の1年間に、仮面女子の絆が、Zepp 東京のワンマンライブや世界デビュー、いろいろなロックフェスへの出演によって深まったので、その絆の集大成として、元旦にリリースした「元気種☆」が、オリコンランキングで1位をとってほしいです。

——今年は、1月7日から初となる地上波のテレビ番組『仮面女子のやっぱ全力だね〜!』(テレビ東京)が始まり、番組内では新たな仮面女子に昇格するためのオーディションがありますが、愛沢さんが所属していた候補生ユニット、ぱー研!からも、仮面女子に昇格するメンバーがいるかもしれませんね。

愛沢美奈 そうですね! ぱー研!には、3ヵ月間一緒に活動してきたメンバーもいるので、一緒に仮面女子としてさいたまスーパーアリーナに立てるように、昇格してほしいと思います。

——ベテランメンバーのみなさんは、どのメンバーが仮面女子に昇格しそうだと思いますか?

立花あんな 水沢まいちゃん!

一同 お〜!

立花あんな 候補生ユニット、OZでセンターで、ダンスがすごくうまいですし、表現力もすてきだと思っているので、ぜひ昇格して欲しいですね。

立花あんな みんな頑張っていて、一生懸命なので、わからないですね。みんな昇格してほしいです。(仮面女子が)すごい人数になっちゃいますけど(笑)。あえて挙げるなら、新人メンバーによるユニットのスライムガールズから一気に昇格する子もいるかもしれないので、スライムガールズ歴が長い、松上祐子ちゃんが注目ですね。

——元・OZのリーダーだった新矢さんはいかがですか?

新矢皐月 元・OZとしては、今、リーダーをやっている坂本舞菜ちゃんには頑張ってほしいと思います。すごく面白いキャラクターなので、個性豊かな仮面女子の中でも埋もれないのではないかと思います。

立花あんな 本当に、誰が一緒にさいたまスーパーアリーナに立つのか、そういうところも見どころですね。

——そのさいたまスーパーアリーナのライブを成功させるためには、新しいファンを掴む必要がありますが、新しいファンの開拓としてやっていることなどはありますか?

立花あんな それは本当に考えていかなければならないと日頃から思っています。私たちは地下アイドルとして、たくさんのほかの地下アイドルさんの対バンライブに何回も出演してきたので、ほかの地下アイドルのファンのみなさんには仮面女子の存在を知り尽くしてもらったと思います。でも、ほかの地下アイドルのファンの方に、私たちのファンになってもらうことはすごく難しいと思うので、2015年は本当に一般の方々に仮面女子を知ってもらう必要があります。1月7日から始まる番組では、地上波で30分もの枠をいただいているので、その枠でいかに仮面女子がほかのアイドルと違って、どう面白いのかというのを、しっかりと伝えていきたいと思います。そして、劇場に足を運んでもらうという、一般の方にも好きになってもらえる努力をしなければなりません。

——その意味では、"地上波放送"というのが、ひとつの鍵になりますね。

桜のどか 私たちのことを、名前すら知らないという方たちがたくさんいると思うので、本当にジャンルにこだわらずに、多くの方に知っていただくというのを前提に、一般層に、お茶の間に届く存在になりたいです!

——ありがとうございました!
 
「元気種☆」のオリコンランキングのどこに位置するのか、その結果がわかるのは2015年1月5日。ぜひとも1位を獲得して、順風満帆なスタートを切ってほしいものだ。
(取材・文/桜井飛鳥)

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仮面女子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ