竹達彩奈、ファンに送ったはずの年賀状届かず!! しかし「そのお気遣いをもらえるだけで、今年も幸せですよ」と心優しきファン

1月5日(火)21時0分 おたぽる

竹達彩奈の公式Twitter(@Ayana_take)より。

写真を拡大

 元旦、Twitter(@Ayana_take)で「あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします」とファンへ挨拶した声優・竹達彩奈。翌日には、「去年お手紙などをくれたみなさまに、今年も年賀状を送らせていただきました! 届いてるかな???」とつぶやき、ファンに確認を取ったのだが、どうやら届いていなかったようで「送ったのに届かなかったよ」と、少しガッカリした様子。ただ、決して竹達が悪いわけではないようなのだ。

 リサーチバンクが、10代〜60代の全国男女に行った“年賀状に関する調査”(有効回答:1,200件)では、16年に年賀状を出す人の平均枚数は約40枚。一般の人でもこれだけ出すのだから、多くのファンを有する著名人の枚数は、数倍は下らないだろう。“去年お手紙などをくれたみなさま”としている竹達の場合、下手したらウン千枚に達するかもしれない。

 業者に頼んでプリントしてもらうのか、一言でも自筆を添えるのか、それともオール手書きなのか……。竹達がどんな年賀状を送ったのかはわからないが、かなりの手間がかかるはず。忙しい身でありながら、そこまでするのは素晴らしい心がけ。人気商売をする人の鑑とも言える。

 しかし、送られたものだと思い込んでいた竹達のTwitterに届いたリプライは、「うちはまだ届いてないけど、待ってますね」「まだ届いてないよ」「明日くらいに届くのかなぁ」など、想像に反するものばかり。そこで竹達は、ファンクラブに確認をしたようだが、送られていなかったようで、「マネージャーさんに確認したら、年賀状届くまでかなり時間かかりそうなんです…! ごめんなさい。 届いたらぜひ教えてください! 頑張ってアセンブルハート…!!!」「まだ多分郵送すらしてないっぽいので、かなり時間はかかると思いますが、、、 どうかみなさんの手元に早くお届けできますように…!(>_<)」と、ファンに向け謝罪ツイートをした。

 ただ、「あらま」「みんな待ってくれると思うので大丈夫!」「新年早々、そのお気遣いをもらえるだけで、今年も幸せですよ」「去年『もう来ないんじゃね?』ってくらい、めっちゃ待ったからもう慣れてる!むしろ届かなくても気にしないから安心して」「なんかすごい。本当に即座に問い合わせている。素晴らしい」など、怒るファンは一切見られなかった。

 一部、このうっかり珍事に「彩奈、マネージャーにキレよう」「ファンクラブの運営がカスすぎる」「完全に忘れていたパターン」「自分で書いて送ろうね。それが年賀」「マネージャーのせいにして、実は手つかず状態なんだろ」「どうせ、そのファンクラブの事務所のオッサンが書いてるんだろ?オッサンが書いてオッサンが送ってオッサンが受け取ってオッサンが喜ぶだけなんだろ?」といった声も上がっているが、届くことを心待ちにしているファンが許すのであれば、気にすることもない?

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

竹達彩奈をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ