元側近「小沢一郎は裁判抱えても政権奪取に自ら立つ」と見る

1月5日(水)17時0分 NEWSポストセブン

中曽根康弘・元首相は、本誌インタビューで、現在の小沢一郎氏の心境について興味深い推測をした。


「今は我慢の時期だと腹を決めて、党の議論より世論を中心に自分の進む道を決めている。(中略)代表選で互角の勝負をした勢力を非常に大事にして、これから外縁勢力を発展・拡大させるということでしょう」


そして、「それは次の天下を狙う者の当然の在り方」と評価している。こんな評価もあるなか、新進党、自由党で小沢氏と行動を共にしてきた二見伸明・元運輸相氏はこう語る。


「小沢さん一人で政権は取れない。それは小沢さん自身、よくわかっている。だからまだ動かないともいえる。そこで、支持する議員たちが集い、『お国のために小沢政策の実現に全力で取り組む』という覚悟を見せることが必要になる。その時には、小沢さんは裁判を抱えていても自ら立つはずです。小沢さんは、自分の裁判は国民生活と関係なく、政策実現の障害とは考えないでしょうから、側近議員を擁立するようなことはせず、自分で立つと思う」


権力闘争を極めた中曽根氏、小沢戦略を間近で見てきた二見氏の言を総合すれば、現在の支持勢力に地方組織などの外縁勢力が加わり、「国家、国民のため」という信義があれば、「小沢が立つ条件」が揃う。


※週刊ポスト2011年1月21日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

裁判をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ