注目ワードドラマ・出演 日本文化・体感 松本人志・騒動 騒音・ボンネット 最上もが・脱退 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

茂木健一郎 検察の権威失墜と鳩山・小沢への不可解対応指摘

NEWSポストセブン1月5日(水)17時0分

脳科学者の茂木健一郎氏が2010年を振り返る。茂木氏にとって2010年でもっとも印象に残った出来事は何だったのか。


* * *

2010年を振り返ると、「激動」の年だったように感じる。必ずしも、大きな事件があったという意味ではない。これまでの私たちの世界についての認識を変えるような、さまざまな変化があったという意味においてである。


脳は、世界について考える時に、いくつかの暗黙の前提を持っている。2010年は、これまで数十年の間、当たり前だと思ってきたことがそうは見えなくなってきたという、重大な変化の潮目に当たったような気がする。革命は、外で起こったのではない。私たちの心の内面で起こり始めているのだ。


たとえば、「国家」というもののあり方の様々な側面。私が子どもの頃は、検察というものは無条件に「正義」であり、悪を暴くのだと信じていた。時代の推移の中でも、そのような前提は、多かれ少なかれ保たれてきた。ところが、今年起こった一連の出来事を通して、検察に対する信頼は地に堕ちた。極端な立場をとる人たちの間のことではない。ごく良識的な人たちの中でも、「検察の言っていることは、本当にそうなのか」という疑いが生まれてきたのだ。


変化への胎動は、鳩山由紀夫氏や小沢一郎氏にかかわる「疑惑」報道あたりから始まっていたのかもしれない。「政治と金」の問題は多くの議員について存在するはずなのに、なぜ、政権交代を果たしたばかりの党の二人の代表者に向けてだけ、その追及がなされるのか? どう常識に照らし合わせて考えてみても、間尺に合わないと感じられた。


検察に対する不信の目と同じような視線は、同時に、これまで警察や検察の発表をある意味では「そのまま垂れ流し」してきた、新聞やテレビといった伝統的なメディアに対しても向けられた。とりわけ、「記者クラブ」に象徴される閉鎖的な体質が、批判の対象になったのである。国家の正義を実現するはずの「検察」という組織、公益のために、報道を行なうはずのメディア。これらの、いわば「社会の秩序」を担う実体に対する信頼感が低下したことが、2010年の最大の出来事の一つだった。


権威が低下したのは、検察やメディアだけではない。毎年、その時期になると「合格者数高校別一覧」が報じられる東京大学。しかし、気付いてみれば、東京大学に入るのは、ほとんど日本人しかいない。だからこそ、「合格者数高校別一覧」というような記事ができる。「合格者数各国別一覧」というような記事が出たという話は、一向に聞かないのである。


東京大学をはじめとする日本の大学は、「ガラパゴス化」している。そのような認識が、急速に広がった年だった。日本の若者が、外国に出て行こうとしない。そのことが問題として認識された年でもあった。高校生が、アメリカなどの海外の大学に留学しようとしない。若者の意識が、すっかり内向きになってしまった。


※週刊ポスト2011年1月21日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
関連ワード

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
森昌子 包丁で応戦!ワンオクTakaに行った“恐怖の鬼母教育” 女性自身8月19日(土)6時0分
歌手の森昌子(58)が18日放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系・金曜21時〜)に出演し、自身の怖すぎる教育論を語った。[ 記事全文 ]
宮迫博之の不倫騒動にアフラックが大激怒!多額の契約金返還か まいじつ8月18日(金)19時0分
(C)まいじつお笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が、8月16日に保険会社大手の『アフラック』からCM契約を解除されていたことが分かっ…[ 記事全文 ]
宮迫博之に迫るベッキー超え惨事!テレビ局が恐れる「最悪のシナリオ」とは? アサ芸プラス8月18日(金)9時58分
不貞疑惑に揺れるお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之が、徐々に窮地に立たされているようだ。[ 記事全文 ]
岩佐美咲、演歌歌手として存在感高める オリコン8月19日(土)8時10分
岩佐美咲が、今年1月にリリースした6thシングル「鯖街道」(最高位:演歌・歌謡部門1位/総合10位)の特別記念盤を8月23日に発売する。[ 記事全文 ]
辻希美の「汚風呂騒動」に同情 小木博明「そんなことで叩かれるんだ」 J-CASTニュース8月18日(金)12時2分
お笑いコンビ「おぎやはぎ」の2人が2017年8月18日未明放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ系)の中で、タレントの…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 宮迫博之に迫るベッキー超え惨事!テレビ局が恐れる「最悪のシナリオ」とは?アサ芸プラス8月18日(金)9時58分
2 宮迫博之の不倫騒動にアフラックが大激怒!多額の契約金返還かまいじつ8月18日(金)19時0分
3 ビッグダディが“AV男優デビュー”を発表ナリナリドットコム8月18日(金)11時15分
4 辻希美の「汚風呂騒動」に同情 小木博明「そんなことで叩かれるんだ」J-CASTニュース8月18日(金)12時2分
5 赤西仁、黒木メイサとの“夫婦ショット”公開でファン騒然「そっくり」「2人とも男前」モデルプレス8月17日(木)23時59分
6 稲垣吾郎、ジャニーズ退所は「自分で決めたこと」日刊スポーツ8月18日(金)9時12分
7 露骨日テレ「香取、草彅いなかったことに…」過去映像から排除!まいじつ8月17日(木)11時15分
8 広瀬すず、タンクトップ姿披露にファンから「なんかエロい」 クランクイン!8月18日(金)7時30分
9 上原多香子「奔放だった男グセ」を「居酒屋デート」ミュージシャンが初激白!アサ芸プラス8月17日(木)17時59分
10 小嶋陽菜のセクシーすぎる絶対領域にファン歓喜! 『有吉の夏休み』出演にサービスショットを期待する声おたぽる8月18日(金)9時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア