堀ちえみ「中3の娘より、愛犬のほうが走って迎えてくれる」

1月5日(金)7時0分 NEWSポストセブン

愛犬のちか(左)とみき(右)を抱く堀ちえみ

写真を拡大

「猫可愛がり」という言葉はあるが、「犬可愛がり」という言葉はない。が、戌年の2018年、愛犬家たちはますます自分たちの子を可愛く感じるのではないか。トイプードルの「ちか」と「みき」を飼う堀ちえみが、愛犬について語った。


 * * *

 紀州犬やマルチーズ、チワワなど、幼い頃から家に犬がいたので、犬は私にとって身近な存在です。上京した時から住んでいた寮を出たのが18歳の時。初めてのひとり暮らしが寂しくてマルチーズを飼いました。仕事場にもよく連れていっていたんですよ。でも私が32歳の時に亡くなり、その時の悲しみが大きくて、それからはなかなか飼うことができませんでした。


 今は2匹飼っていますが、子供が巣立った後、子供代わりになるんじゃないかなって思います。一番下の娘が中学3年ですけど、最近はあまり私に近寄ってきてくれないんですよね(笑い)。でも犬は、私が帰宅すると走って出迎えてくれるし、抱っこをせがんで甘えてくれます。


 可愛いからこそ、トイレの躾や、無駄吠えしないためのトレーニングは大事だと思います。「お犬様」にせず、ダメなことをしたら家族みんなで注意してあげる。きちんとした躾が、飼い主にとっても犬にとっても幸せにつながると思っています。


【プロフィール】ほり・ちえみ/1967年2月15日生まれ。大阪府出身。1981年、「第6回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝し芸能界入り。1983年に主演ドラマ『スチュワーデス物語』が大ヒットし、お茶の間の人気を博す。現在は7児の母としてママタレントとしても活躍中。最新情報はブログ『hori-day』(https://ameblo.jp/horichiemi-official)にて公開中。


●ちか(左。トイプードル、メス、3歳)/すぐに抱っこをせがむ甘えん坊で臆病な性格。散歩では歩きたがらないが、おもちゃで遊ぶのは好き。


●みき(右。トイプードル、メス、6歳)/社交的で好奇心旺盛だがマイペース。人間の言葉を理解し「ごはん」「おやつ」といった言葉に敏感。


◆撮影/槇野翔太


※週刊ポスト2018年1月12・19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

堀ちえみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ