ジェニファー・アニストン、元夫ブラピとの離婚に触れ「辛いことなんてないわ」。

1月5日(月)14時30分 Techinsight

ジェニファー・アニストン、ブラッド・ピットとの離婚につきコメント。

写真を拡大


2000年に結婚したものの、2005年には離婚に至った米女優ジェニファー・アニストン(45)と俳優ブラッド・ピット(51)。当時はブラピと女優アンジェリーナ・ジョリー(39)の不倫関係が大きく報じられ、ジェニファーは相当傷ついたと言われていた。だが、今も時にはブラピに連絡するといい「離婚を辛いとは思っていない」とその胸中を明かした。

アンジェリーナ・ジョリーに夫だったブラッド・ピットを奪われ、離婚に至ったジェニファー・アニストン。その後ブラピは2012年にアンジーと婚約。ジェニファーも同年俳優ジャスティン・セロー(43)との婚約を発表し、ブラピについては昨年、アンジーと結婚している。

そのような中、今も婚約したままで再婚には至っていないジェニファーが『CBS Sunday Morning』に登場し、ブラッドとの破局・離婚についてこう述べた。

「今は(破局・離婚したことを)辛いとは思わないわ。」
「でもそういう話はつきものよね。興味深い見出しになるから。今では、どちらかというとメディアが煽動している話題って感じね。」

また今もブラッドに連絡することがあるというジェニファーは、このように続けている。

「私とブラッドは、機会があるごとにお祝いの言葉をおくりあっているわ。絶えずそうしているわけでもないけど。」

“ブランジェリーナより早く再婚してほしい”というファンの希望は砕け、独身のまま新年を迎えたジェニファー。仕事はすこぶる順調で映画『Cake(原題)』で見せた演技も高く評価されたが、その名にMrsが加わる日はなかなか訪れない。しかしジャスティンとの関係は良好で、新年も仲良くメキシコで迎えている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

離婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ