映画『君の名は。』韓国の映画ランキング第1位で、ついにアジア6冠達成! 国内の気になる最新興収&動員数は……?

1月6日(金)15時10分 アニメイトタイムズ

 大ヒット上映中の新海誠監督作品『君の名は。』が、1月4日により韓国でも公開スタート! そしてなんと、初日の興収・動員で第1位デビューを飾りました! さらに公開初日で興収1億突破、動員13万人越えの快挙を達成です!

 そして日本映画が韓国の映画ランキングで第1位となるのは2004年の「ハウルの動く城」以来13年ぶり! これで、日本、台湾、タイ、香港、中国に続きアジアで6冠を果たしました。『君の名は。』は、既に世界125の国と地域で海外配給が決定しており、今後も、各国で順次公開予定。

 正月興行を迎えた国内の最新成績は1735万人、224億円を記録。1月13日からは全国の一部劇場にてIMAX上映がスタート(2週間限定上映)。大迫力、かつ高品質の映像と音響で本編を更に楽しむ事が出来きます。韓国1/4映画初日ランキングTOP5(Korean Film Council調べ)
1位:君の名は。
(1,032,712,400 韓国ウォン(約1億円)、138,028人)
2位:Master
(イビョンホン主演の韓国映画 12/21公開、824,118,750韓国ウォン(約7,700万円)、102,182人)
3位:Passengers
(米映画 1/4公開、685,903,750韓国ウォン(約6,650万円)、85,044人)
4位:Because I Love You
(韓国映画 1/4公開、351,516,250韓国ウォン(約3,400万円)、44,942人)
5位:シング
(米アニメーション映画 12/21公開、329,427,500韓国ウォン(約3,200万円)、44,224人)

★韓国では、1998年に日本映画が解禁され、一時期日本映画ブームも起きましたが、2004年の「ハウルの動く城」以降、目立ったヒットは大幅に減少。そんな中、『君の名は。』は555スクリーンという、同国での日本映画の公開規模としては新記録となるスクリーン数で公開となりました(それまでの記録は2015年2月12日に公開された「STAND BY MEドラえもん」の423スクリーン)。

★『君の名は。』は、「第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭」(スペイン)でAnima't部門(アニメーション作品の部門)の最優秀長編作品賞と「第18回プチョン(富川)国際アニメーション映画祭」(韓国)の長編コンペティション部門での優秀賞と観客賞をW受賞する快挙に続き、アニメのアカデミー賞と言われている【アニー賞】や、世界各国のプレスが選ぶ映画賞の【サテライト賞】でも各賞にノミネート。「第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞」にて、アニメ映画賞(BEST ANIMATION)を受賞するなど、世界中で『君の名は。』が広がり続けています。既にアジア圏で5冠(映画ランキング1位、日本、台湾、香港、タイ、中国)を達成し、中国・タイでは公開された日本映画として歴代興収の新記録を樹立しました。国内最新興行成績はコチラ!
●2016/8/26〜2017/1/5 133日間
動員17,350,485人
興収22,491,589,800円>>http://www.kiminona.com/index.html (映画『君の名は。』公式サイト)
>>https://twitter.com/kiminona_movie (映画『君の名は。』公式ツイッター(@kiminona_movie))

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ