ライバル美女たちの「因縁ラプソディ」(7)工藤静香×後藤久美子

1月6日(日)9時57分 アサ芸プラス

 国民的美少女と元おにゃん子の2世対決は、工藤静香(48)&Koki,(15)親子が圧倒的な差を見せつけている。このまま引き下がれない後藤久美子(44)は娘のエレナ(22)を売り出すため、なりふりかまわない「親バカ」プロデュースで巻き返したいところだが‥‥。

 工藤の高笑いはしばらく止まりそうにない。18年5月、女性ファッション誌「ELLE JAPON」で木村拓哉(46)と工藤の次女・Koki,が表紙デビューを飾ると、その約2カ月後には高級ブランド「ブルガリ」の広告塔に日本人で初めて抜擢された。

「5月に開設したインスタグラムフォロワーは、145万人を突破。9月にはファッションブランド『シャネル』のビューティーアンバサダーにも就任しました」(スポーツ紙記者)

 18年11月26日には、これまで映画出演が1本もないにもかかわらず、なぜかファッション誌「ELLE」主催の映画賞「エル シネマアワード」の「ライジングスター賞」まで獲得。まさに「親の七光り」ゆえの受賞だった。

 当然、日本のテレビ業界も放っておくはずもない。それにしてはドラマやバラエティー番組で見る機会がなかったのはなぜか。

「Koki,の仕事は、全て工藤が選んでいます。CMオファーも多数舞い込んだそうですが、工藤が各社の窓口となってコンテを確認。それで10月から大塚製薬のCMに出演することになりました」(スポーツ紙記者)

 工藤の戦略はこれだけでは終わらなかった。芸能プロ関係者は今後の野望をこう明かす。

「本人の希望もありますが、まずはモデル業を中心に仕事をさせるようです。そのあと、『ハリウッドデビューさせたい』と親しい知人に話しています。Koki,は英語がペラペラなだけではなく、フランス語とスペイン語の勉強もしていて、世界で活躍することになるでしょう」

 それに比べて苦戦しているのは、元F1レーサーのジャン・アレジ(54)とゴクミの長女・エレナだ。

 17年9月にファッション誌「Richesse」でモデルデビュー。18年7月には、人気バラエティー番組「踊る! さんま御殿!!」(日本テレビ系)でテレビ初出演したが、その活躍ぶりは華々しいとまでは言えない状況にある。そんな娘のためにゴクミは沈黙を破った。

 19年12月公開予定の国民的映画「男はつらいよ」(松竹)で23年ぶりに女優復帰が決定。これまでスイス・ジュネーブで暮らしていたが、日本にしばらく滞在することになる。

「10月末に行われた製作発表では、復帰の決め手について、山田洋次監督から手紙でオファーされたことを明かしていました。ただ、エレナの仕事も心配だったようです。日本で一緒に暮らせば近くで応援できるので、サポート体制を整えたかったとみられています」(スポーツ紙記者)

 ゴクミと同じ大手芸能事務所「オスカープロモーション」に所属していることもあって、目下、猛プッシュしているようだ。

「現在、上戸彩(33)を担当していたマネージャーがエレナについていると聞きました。ゴクミも娘に仕事が入るように、幹部にお願いしているそうです。それでも娘よりゴクミのほうが美人なので、取材が殺到して本末転倒になっています」(芸能プロ関係者)

 しばらくの間、「娘はつらいよ」が続きそうだ。

アサ芸プラス

「工藤静香」をもっと詳しく

「工藤静香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ