「ゲス芸人」クロちゃん、実は芸能マスコミからは高評価!その深い理由とは?

1月6日(月)9時58分 アサ芸プラス

 安田大サーカスクロちゃんと言えば、いま最も嫌われている芸人の最右翼だろう。ツイッターでは常にアンチからの猛批判にさらされ、芸能界でも“みちょぱ”ことモデルの池田美優からも「ガチで気持ち悪い」と言い放たれる始末だ。そんなクロちゃんが、芸能マスコミからは大いに好かれているというのである。

「彼は自分自身に求められている役割を存分に理解しており、取材した際にも記事にできないような内容も含めてゲスい発言を連発しています。そんなクロちゃんに対して“欲しがり”の報道陣がどんどんネタを振るも、メディア側の想像以上にゲスい回答を返す瞬発力には心底驚かされますね。取材の際は怒り口調でまくしたてたかと思えば、すぐに自虐的な態度へと変わり、見た目ほどの高圧的な感じがないのも取材側には好印象。ともあれ取材すれば絶対にネタに困らないという、貴重な存在なのです」(芸能ライター)

 バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、モラハラやセクハラまがいの行為を連発。あれだけのゲスさを披露すれば企業案件には敬遠されそうだが、さにあらず。仕事は着実に増えているという。

「彼はもともと空気を読む能力に長けており、相手がどれくらいドン引きしているのかも冷静に観察しています。また仕事には真摯な態度で臨んでおり、体を張る系の収録では少々のケガもいとわないほど。プロデュースを手掛けるアイドルグループ『豆柴の大群』でも作詞やPV収録に全力投球しており、アイドルファンからの評価は高い。そんなクロちゃんのブレイクは決して一過性ではなく、息の長い芸人になる可能性は十分に高いでしょう」(前出・芸能ライター)

 呆れるほどのゲスさをまき散らすクロちゃんの姿は今年も、ますますお茶の間で楽しみ続けることができそうだ。

(浦山信一)

アサ芸プラス

「クロちゃん」をもっと詳しく

「クロちゃん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ