『君の名は。』韓国でもNo.1! アジア6冠を達成

1月6日(金)16時11分 シネマカフェ

『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会

写真を拡大

日本のみならず、海外でも大ヒットを記録している新海誠監督作品『君の名は。』。この度、1月4日より公開を迎えた韓国でも、イ・ビョンホン主演の韓国映画『Master』を2位に抑え、初日の興行収入&動員数で第1位になったことが分かった。公開初日興収は1億突破、動員13万人越えの快挙を達成した。

まだ日本でも公開中の本作は、すでにアジア圏で5冠(映画ランキング1位、日本、台湾、香港、タイ、中国)を達成し、中国・タイでは公開された日本映画として歴代興収の新記録を樹立。韓国では98年に日本映画が解禁され、一時期日本映画ブームも起きたものの、2004年の『ハウルの動く城』以降、目立ったヒットは大幅に減少。そんな中、本作は555スクリーンという、同国での日本映画の公開規模としては新記録となるスクリーン数で公開。日本映画が韓国の映画ランキングで第1位となるのは、2004年の『ハウルの動く城』以来13年ぶりになり、これで、日本、台湾、タイ、香港、中国に続きアジアで6冠を果たしたこととなった。

また、正月興行を迎えた国内の最新成績は1,735万人、224億円を記録。1月13日(金)からは、全国の一部劇場にてIMAX上映が2週間限定でスタートし、大迫力かつ高品質の映像と音響で本編をさらに楽しむことが出来るようだ。すでに世界125の国と地域で海外配給が決定している本作。『君の名は。』旋風はまだまだ続きそうだ。

『君の名は。』は全国にて公開中。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

韓国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ