菅田将暉が叫び、小松菜奈が涙…中島みゆきの歌声響く『糸』特報

1月6日(月)8時0分 シネマカフェ

『糸』ポスター(C)2020映画『糸』製作委員会

写真を拡大

中島みゆき「糸」を基にして、菅田将暉小松菜奈榮倉奈々斎藤工ら出演で壮大な愛の物語を描く『糸』。この度、本作の特報映像とポスタービジュアルが完成した。



北海道で育った高橋漣と園田葵は、13歳のときに出会い、初めての恋をする。しかしある日、養父からの虐待に耐えかねて葵が突然姿を消した。漣は必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行するも、幼い2人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。その後、葵は母親に連れられて北海道から移ることになり、2人は遠く引き離されてしまう。

それから8年後、地元のチーズ工房で働いていた漣は、東京で葵と再会。しかし、北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。もうすでに2人はそれぞれ別の人生を歩み始めていた。そして10年後、運命はもう一度だけ、2人をめぐり逢わせようとしていた…。

本作は、平成元年に生まれた男女2人が、平成から令和を迎える31年間の中で、出逢い、別れ、そして平成の終わりに再びめぐり逢うまでの18年間を描く物語。


今回到着した特報映像では、切ない表情を浮かべる菅田さん演じる漣と「一度でいいから抱きしめてほしかった」と訴える小松さん演じる葵の抱擁から始まる。そして、中島さんの歌声が壮大に響き渡り、広大な北海道の大自然やシンガポールの美しい映像も見られる。


さらに、上を見つめる2人、漣が「葵!」と叫びながら走る場面や葵が涙するシーン、そして榮倉奈々演じる香や、斎藤工演じる水島の姿も確認することができる。

なお、本特報映像は、1月17日(金)より全国の劇場で随時上映予定だ。

そして、初解禁されたポスタービジュアルには、物語の舞台のひとつ、北海道の大地を感じさせるラベンダー畑をバックに、漣と葵が自らの人生を見据えるような爽やかで前向きな表情を見せている。

『糸』は2020年4月24日(金)より全国東宝系にて公開。

シネマカフェ

「菅田将暉」をもっと詳しく

「菅田将暉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ