BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

マジめっちゃ補強の巨人、でも注目度は大谷独走

J-CASTニュース1月6日(金)7時30分
画像:史上まれにみる補強をした巨人だが注目度はいまいちか(画像は読売巨人軍公式サイトのスクリーンショット)
写真を拡大
史上まれにみる補強をした巨人だが注目度はいまいちか(画像は読売巨人軍公式サイトのスクリーンショット)

巨人のメディア露出がめっきり減った年末年始だった。


優勝した広島に17.5ゲーム差のツケである。必死の戦力強化を見ると...。



FA3人獲得は史上初めて



「巨人の年末年始に笑顔はなかった。あけましておめでとう、との挨拶はタブーの雰囲気だった」

担当記者の話である。


高橋由伸監督は球団から厳しい要求を突きつけられた。「勝て」と。


「若い選手を獲得し、しっかり育てたい」

この高橋監督の言葉通りに補強できたのか。球団の求めるのは今シーズンの優勝である。


ドラフト会議で獲得したのは7人。みんな若い。高橋監督の期待の言葉に当てはまる選手なのだが、即優勝を狙う球団はそれに沿ってFA選手や外国人選手を獲得、チームの勝利をせかしている。


FAで取ったのは3人。投手の山口俊(DeNA、3年7億円)森福允彦(ソフトバンク、2年4億円)に、外野手の陽岱鋼(日本ハム、4年10億)。


FA選手3人を獲得したのは史上初めてというところに危機感が表れている。財政豊かな球団だけに大盤振る舞いだ。


「大谷翔平が巨人にいたら、間違いなく年俸20億円だよ」

そんな声がOBたちから聞こえる。



メディアは日ハムのアリゾナキャンプへ




外国にも補強の手を伸ばした。マリナーズからアルキメデス・カミネロ投手(ドミニカ共和国、大リーグ通算7勝)。投手陣の強化は急務であることがよく分かる。


打者ではケーシー・マギーをタイガースから取った。34歳の内野手だが、昨年はほとんど出場していない。この選手、2013年に楽天で活躍した実績を持つ。そのころのパワーが残っているか。


静かな高橋監督が一軍コーチをいじった。打撃コーチに二軍から二岡智宏を引き揚げた。現役時代からもっとも気心が知れた仲だ。


V奪還に向けてできることはやった、という思いを球団は持っていることだろう。これは監督の退路を断ったことにつながるわけで、高橋監督は2年目にして至上命令のプレッシャーとも戦うことになる。


「天下の長嶋茂雄、王貞治もクビにした球団だよ。だれがなっても勝てなきゃ終わり」
OBたちはいとも簡単に語る。なにが何でも勝て——球団の号令で、巨人は今月28日から宮崎で合同自主トレーニングを行う。


注目はメディアの扱いである。必死の巨人より、若くて明るい大谷を連日取り上げるだろう。日本ハムはアリゾナキャンプを張る。大谷は大リーグの話題も絡んで独走しそうである。



(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「巨人」「年末年始」「メディア」「露出」の関連トピックス

関連ワード
巨人のまとめ写真 年末年始のまとめ写真 メディアのまとめ写真 露出のまとめ写真

「巨人」をもっと詳しく

巨人に関するまとめ
注目ニュース
松本人志、「発言がカットされた」苦言で囁かれる「上原多香子」と「番組降板」! アサ芸プラス8月19日(土)9時59分
松本人志の「しゃべっても。謎の事情でカットされ。。。」というツイートが反響を呼んでいる。[ 記事全文 ]
タモリ、牛タンにキレて“意見”電話 ナリナリドットコム8月19日(土)10時55分
タレントのタモリ(71歳)が、8月18日に放送されたバラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)に出演。[ 記事全文 ]
アンガ田中、たんぽぽ川村のバックスタイルに驚くも「グラドルでもこんなもん」の声 Techinsight8月19日(土)23時0分
先日、ハワイロケの合間に撮影した小嶋陽菜との“美脚”ツーショットが話題になっていた田中卓志(アンガールズ)。[ 記事全文 ]
宮迫博之の不倫騒動にアフラックが大激怒!多額の契約金返還か まいじつ8月18日(金)19時0分
(C)まいじつお笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之が、8月16日に保険会社大手の『アフラック』からCM契約を解除されていたことが分かっ…[ 記事全文 ]
上原多香子の不倫を記した「遺書」を読んでいた今井絵理子、なぜ… messy8月11日(金)2時15分
元SPEEDの上原多香子(34)が、かつて俳優の阿部力(35)とダブル不倫の関係にあったことが「女性セブン」(小学館)によって報じられた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア