「超合金魂 ゴールドライタン」ライターからロボへの変形を完全再現!

1月6日(土)12時51分 J-CASTニュース

24金メッキの輝き、まさしく"黄金戦士"

写真を拡大

バンダイは、「超合金魂」から、アニメ「黄金戦士ゴールドライタン」に登場するロボットのダイキャスト製トイ「GX-32R ゴールドライタン 24金メッキ仕上げ」を2018年5月に発売するのに先だち、1月9日から一般店頭で予約受付を始める。


交換用手首パーツが付属「ゴールドクラッシュ」ポーズも再現可能


劇中同様「ライター形態」から「ロボット形態」への変形を完全再現したという。首や腕、脚の各関節が可動するほか、付属の手首パーツへの交換により必殺の「ゴールドクラッシュ」ポーズを再現できる。ロボット形態時の全高は約130ミリ。


クリスタルカットを施したボディを24金メッキでコートし、「玩具の域を超えた輝きと高級感」が備わったという。


交換用手首パーツ左右各2種、「メカ心臓」パーツ、専用ケース、リストカバー左右、レッグカバー左右、台座が付属する。


価格は1万2960円(税込)。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

超合金をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ