ナム・ボラのプロフィールやおすすめ出演作まとめ!リアリティー番組から誕生した絶世の美女

1月5日(火)18時0分 K-board

バラエティー番組がきっかけで芸能界入りを果たしたシンデレラガール、ナム・ボラ。今ではドラマや映画と数々の作品に出演し、活躍の幅を広げています。そんな話題の女優ナム・ボラに注目し、彼女のプロフィールやおすすめ出演作をまとめてみました。

ナム・ボラのプロフィール

この投稿をInstagramで見る

보라돌이???(@nambora)がシェアした投稿

名 前: ナム・ボラ
生年月日: 1989年 11月 27日(31歳)
学 歴: 同徳女子大学放送演芸学科
血液型: B型
韓国の所属事務所: willエンタテインメント

高校1年生だった2005年に、13兄弟の日常生活に密着した番組『日曜の夜』のコーナー「天使たちの合唱」で、13兄弟(8男5女)の長女として出演。その一般人とは思えない容姿で話題を集めます。
番組出演後、ナムボラは芸能人になりたいという気持ちはありませんでした。
しかし、両親からの説得や、芸能事務所からのラブコールにより芸能活動を始めます。
積極的に演技レッスンを受け、大ヒットドラマ『太陽を抱く月』や、映画『サニー 永遠の仲間たち』に出演するなど、存在感のある演技を見せています。
プラベートでは過去に韓国の財閥2世とのデートの様子がパパラッチされますが、熱愛が報道されるもすぐに別れたそうです。

ナム・ボラの出演作一覧

出演ドラマ

2006年『笑った顔で振りかえれ』
2008年『私の人生の黄金期』
2010年『ロード・ナンバー・ワン』
2010年『ドラマ スペシャル 最後のフレッシュマン』
2010年『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・センチョリ』
2011年『栄光のジェイン』
2012年『太陽を抱く月』
2012年『ドント クライ マミー』
2013年『サメ』
2013年『ドラマスペシャル 私の古い財布の中の記憶』
2013年『愛してナム・ジュナ』
2014年『ずっと恋したい 』
2015年『私の心きらきら』
2015年『深夜ドラマ 深夜食堂 旅行ガイド』
2017年『恋の花が咲きました 2人はパトロール中』

出演映画

2010年『コ死2番目の物語:教育実習』『悪魔を見た』
2011年『サニー 永遠の仲間たち』

ナム・ボラの出演作おすすめ3選

ナム・ボラの出演作の中で話題となった作品を、3つご紹介します!

サニー 永遠の仲間たち(2011年)

サニー 永遠の仲間たち

出典元:Amazon

あらすじ

主婦として何不自由ない生活を送っていたナミは、母の入院先の病院で高校時代の友人チュナと思わぬ再会を果たします。
25年ぶりに再会した親友はガンに侵され、余命2ヶ月と宣告されていました。かつてチュナを含む7人で青春を謳歌していた女子高生グループ「サニー」のメンバーたちは、あることがきっかけで離れ離れになってしまいます。
「最後にみんなに会いたい」というチュナの願いの為、ナミは各地に散らばったサニーのメンバーを集めようと決心するのです。

見どころ

舞台は1980年代後半の韓国。韓国歌謡の懐メロと共に学生時代を過ごした仲良し7人組の少女たちが、25年後、再び当時の友情を探す過程を描いた作品です。
日本でもリメイクされ、反響を呼びました。韓国を背景にした映画ですが、学生運動が行われたり、音楽喫茶が若者の憩いの場になっていたりと、日本とも多くの共通点が見て取れます。
大人になり忘れかけていた青春を思い起こさせる、笑いあり、涙ありの韓国屈指の青春映画です。
また、ナム・ボラは高校時代のクムオク役を演じており、少女のように爽やかなイメージを活かした演技で適役と評されました。

出演者

イム・ナミ役:ユ・ホジョン/シム・ウンギョン
ハ・チュナ役:チン・ヒギョン/カン・ソラ
ファン・ジニ役:ホン・ジニ/パク・チンジュ
ソ・クムオク役:イ・ヨンギョン/ナム・ボラ

太陽を抱く月(2012年)

太陽を抱く月(2012年)

出典元:Amazon

あらすじ

朝鮮時代、太陽のようにあたたかい世子イ・フォンと心優しい月のような少女ホ・ヨヌは、最初から運命かのように恋に落ちます。
しかし、朝廷の権力争いによってヨヌが原因不明の病に倒れ、命を落とします。
8年という月日が経ってもヨヌを忘れられないフォンは、若き王になっても心を閉ざしています。
ところが、死んだはずのヨヌが、目の前に現れ、二人は偶然の再会を果たします。
実は過去の記憶を無くしているものの巫女として生きていたのです…。

見どころ

初恋のヨヌを失った王イ・フォンが、突然現れたヨヌに生き写しの巫女ウォルに出会い、もつれ合う恋愛模様を描いた作品です。
甘いロマンスがある一方で、ヨヌの死を探るミステリー要素も含まれています。
また、巫女として登場するヨヌは、ファンタジー要素たっぷり。ただの歴史ドラマではない、独特な演出と神秘的な雰囲気にも注目です。
ナム・ボラは、この作品でキム・スヒョン演じるイ・フォンの妹役を演じ、鳥肌が立つほどの変化と号泣する姿を熱演、視聴者から人気を獲得します。

出演者

イ・フォン役:キム・スヒョン
ホ・ヨヌ役:ハン・ガイン
ヤン・ミョングン役:チョン・イル
ミナ王女:ナム・ボラ

恋の花が咲きました 2人はパトロール中(2017年)

恋の花が咲きました 2人はパトロール中(2017年)

出典元:Amazon

あらすじ

夫を事故で亡くし、1人娘を育てるため、シングルマザーとして生きることになったム・グンファ。
亡き夫の意志を継いで警察官となった正義感溢れる彼女は、エリート警察官チャ・テジンとパートナーを組みます。そんな2人と財閥息子のチン・ドヒョンの3人の間で渦巻く三角関係。
グンファの夫の死の真相も、次第に明らかになります。グンファは夫を亡くしたつらい過去にどう向き合っていくのでしょうか。

見どころ

警察を舞台に、家庭内暴力や交番で起きるさまざまな犯罪を、女性警察官ム・グンファが中心となって解決していくドラマです。
まだ新人のム・グンファが腐り切った警察上層部に放つ言葉は痛快。グンファの亡くなった夫の事故の真相や、エリート警察官チャ・テジンと財閥息子チン・ドヒョンとの恋の行方など、見どころ満載です。
このドラマでナム・ボラはドヒョンの妹役として登場。
グンファの双子の兄ム・スヒョンとの恋仲を演じ、次世代の若手俳優として話題を集めました。

出演者

ム・グンファ役:イム・スヒャン
チャ・テジン役:ト・ジハン
チン・ドヒョン役:イ・チャンウク
チン・ボラ役:ナム・ボラ

清純派女優ナム・ボラの今後の活躍に期待!

この投稿をInstagramで見る

보라돌이???(@nambora)がシェアした投稿

ナム・ボラは30代に突入した現在でも20代に見えるその容姿で、制服を着ても違和感を感じさせません。
「有名な俳優の方々の妹役は、大体演じました。いつかは主演を演じてみたい。しかしまだその自信がないので、もう少し妹役を演じてみてから主演を挑戦したい。」と語るナム・ボラ。
いつかは主演として演じている姿を見てみたいですね!

K-board

「誕生」をもっと詳しく

「誕生」のニュース

「誕生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ