BTS、CNN「2010年代の音楽を変化させたアーティスト」に選ばれる! ビヨンセ、ガガ、テイラー・スウィフトら人気アーティストと並んでアジア勢として唯一

1月6日(月)16時32分 KPOP monster

BTS(防弾少少年団)が、CNNが発表する「2010年代音楽を変化させたアーティスト」に、世界的な歌手ビヨンセ、レディーガガらと並んで選ばれた。

12月31日、CNNは「2010年代の音楽を変化させたアーティスト10(The 10 artists who transformed music this decade)」を発表した。

CNNが発表したリストにはポップの女王ビヨンセから、2018年に公開された映画「アリー/スター誕生」で女優としても大成功したレディーガガ、永遠の10代の偶像テイラー・スウィフトなど世界的なアーティストが挙げられている。

そんな中、韓国のアーティストとして、さらにアジアのアーティストとして唯一、リストアップされたのがBTSだ。

CNNは記事の中で、「彼らの影響力を疑うことはできない。彼らは2018年のアルバム「LOVE Yourself: TEAR」で、韓国のポップアルバムとしては初めてビルボード200チャートで第1位を取得した後、1年間ビルボード200チャートに3つの作品を第1位に送り込んだボーイズグループ」だと説明。米国の音楽市場におけるBTSの大きな影響力を高く評価した。

さらにCNNは本記事で、BTSがアジアを超えて、米国のK-POPの大衆化に大きな寄与をしたことも指摘。2009年に初めて、JYPエンターテインメント所属のワンダーガールズの「Nobody」がHot100チャートで76位にランクイン。2012年には、PSYの「カンナムスタイル」が初めてトップ10位に入ったが、本格的なK-POPの世界的な大衆化に貢献したのはBTSだったと述べている。

CNNは今後、米国の音楽界でK-POPが主流になる可能性を予測したが、それを証明するように、BTSは2019年の大晦日、ニューヨークのタイムズスクエのステージに登場し、全世界の注目を浴びた。

KPOP monster

「アーティスト」をもっと詳しく

「アーティスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ