注目ワードハムスター・仲良しなハムスターとシーズー Taka・ワンオクTaka NHK・西郷どん 平昌五輪・フィギュア 岡本圭人・有村架純 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「清潭洞アリス」自己最高視聴率を記録…パク・シフ&ムン・グニョンの本格的なラブストーリー効果?

Kstyle1月6日(日)15時26分

SBS週末ドラマ「清潭洞アリス」が自己最高視聴率を記録した。



6日、視聴率調査会社ニールセン・メディアリサーチの集計結果によると、韓国で5日に放送された「清潭洞アリス」は視聴率15.2%を記録し、先週より4.3%も上昇、同時間帯1位となった。これは昨年12月に「清潭洞アリス」が放送を始めてから最も高い数値だ。



そのような大幅な視聴率の上昇は、主人公であるセギョン(ムン・グニョン)とスンジョ(パク・シフ)の恋愛が本格的に展開されたことによるものだと分析される。この日「清潭洞アリス」では、セギョンとスンジョが愛のかけひきを始め、本格的なラブストーリーのスタートを告げた。セギョンはスンジョが自分を上流社会に導いてくれるブランドメーカーアルテミスの会長ジャンティエル・シャであることを知りながらも、それを知らないふりをして近づいてくるスンジョに戸惑いを見せた。一方スンジョは、自身のバックグラウンドに興味のないセギョンにさらに誠実さを感じるなど、互いに異なる目的や本音を持っている二人のラブストーリーが、興味深い展開を見せた。



さらにセギョンの本音を知っているタミ・ホン(キム・ジソク)が、自身が進めている縁談を成功させるため、セギョンにスンジョのそばから離れることを迫るなど、ハラハラする展開で緊張感を高めた。



視聴率上昇は、「清潭洞アリス」よりも圧倒的に視聴率が高かったMBCドラマ「MAY QUEEN」が最終回を迎えたことも影響を与えたと見られる。「MAY QUEEN」は昨年12月の最終回で、20%をはるかに超える視聴率を記録した。「清潭洞アリス」は強力な競争相手がいない状況で自己最高視聴率を記録することができた。



一方、6日に放送が始まったMBC新週末ドラマ「百年の遺産」は、13.8%の視聴率を記録した。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle

関連ワード

注目ニュース
ワンオクTaka&UVERworld・TAKUYA∞の2ショットにファン歓喜「最高!!」「贅沢すぎる」 AbemaTIMES6月20日(水)12時51分
ロックバンド・ONEOKROCKのボーカル・Takaが20日、自身のInstagramにて、UVERworldのTAKUYA∞との2ショッ…[ 記事全文 ]
NHK W杯キャスター佐藤美希に非難殺到 失言、間違い...「先輩」足立梨花かばうも「黙っててほしい」 J-CASTニュース6月19日(火)18時25分
「進行が下手すぎる」などとして、NHKのロシア・ワールドカップ(W杯)番組でスタジオキャスターを務めるタレント・佐藤美希さん(24)がイン…[ 記事全文 ]
Hey! Say! JUMP岡本圭人 電撃脱退 文春オンライン6月20日(水)16時0分
ジャニーズ事務所のアイドルグループ、Hey!Say!JUMPの岡本圭人(25)のグループ脱退が決まり、今月末にも発表される予定であることが…[ 記事全文 ]
DEAN FUJIOKA、吉田美和の高評価に感謝「信じられない気持ちでした」 オリコン6月20日(水)21時35分
俳優で歌手のディーン・フジオカがアーティスト名義DEANFUJIOKAとして2ndシングル「Echo」を20日にリリースした。同日に、自身…[ 記事全文 ]
離婚未成立の森且行 「不倫美女」と堂々交際宣言 NEWSポストセブン6月20日(水)16時0分
元SMAPのメンバーでオートレーサーの森且行(44才)が、かねてから交際中の“不倫美女“と堂々の交際宣言をした──。6月中旬、夕方の東京・…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア