注目ワード中日・ゲレーロ 生活保護費・母子加算削減に怒り悲鳴 経済効果・夜の娯楽 ビートたけし・池坊議長と暴行事件で大バトル チャン・ジャヨン・ 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「清潭洞アリス」自己最高視聴率を記録…パク・シフ&ムン・グニョンの本格的なラブストーリー効果?

Kstyle1月6日(日)15時26分

SBS週末ドラマ「清潭洞アリス」が自己最高視聴率を記録した。



6日、視聴率調査会社ニールセン・メディアリサーチの集計結果によると、韓国で5日に放送された「清潭洞アリス」は視聴率15.2%を記録し、先週より4.3%も上昇、同時間帯1位となった。これは昨年12月に「清潭洞アリス」が放送を始めてから最も高い数値だ。



そのような大幅な視聴率の上昇は、主人公であるセギョン(ムン・グニョン)とスンジョ(パク・シフ)の恋愛が本格的に展開されたことによるものだと分析される。この日「清潭洞アリス」では、セギョンとスンジョが愛のかけひきを始め、本格的なラブストーリーのスタートを告げた。セギョンはスンジョが自分を上流社会に導いてくれるブランドメーカーアルテミスの会長ジャンティエル・シャであることを知りながらも、それを知らないふりをして近づいてくるスンジョに戸惑いを見せた。一方スンジョは、自身のバックグラウンドに興味のないセギョンにさらに誠実さを感じるなど、互いに異なる目的や本音を持っている二人のラブストーリーが、興味深い展開を見せた。



さらにセギョンの本音を知っているタミ・ホン(キム・ジソク)が、自身が進めている縁談を成功させるため、セギョンにスンジョのそばから離れることを迫るなど、ハラハラする展開で緊張感を高めた。



視聴率上昇は、「清潭洞アリス」よりも圧倒的に視聴率が高かったMBCドラマ「MAY QUEEN」が最終回を迎えたことも影響を与えたと見られる。「MAY QUEEN」は昨年12月の最終回で、20%をはるかに超える視聴率を記録した。「清潭洞アリス」は強力な競争相手がいない状況で自己最高視聴率を記録することができた。



一方、6日に放送が始まったMBC新週末ドラマ「百年の遺産」は、13.8%の視聴率を記録した。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle

関連ワード

注目ニュース
「ビートたけしが怒るって珍しい」 池坊議長と暴行事件で大バトル J-CASTニュース12月18日(月)17時42分
ビートたけしさんが日本相撲協会の池坊保子・評議員会議長と火花を散らせる場面があった。2人は2017年12月17日放送の「ビートたけしのTV…[ 記事全文 ]
「誰がチャン・ジャヨンを殺したのか」 手紙に書かれた「性接待」疑惑の31人 J-CASTニュース3月8日(火)19時18分
韓国の人気女優、チャン・ジャヨンさんが自殺してから2年。チャンさん自ら死に際して「所属事務所から性接待を強要された」と遺書に残し、韓国社会…[ 記事全文 ]
桐谷美玲“激ヤセ隠し”登壇で取材陣が心配する「重大病の可能性」 アサ芸プラス12月18日(月)9時59分
12月23日公開の映画「リベンジgirl」で主演を務める桐谷美玲。同作品で彼女は「フラれた相手を見返すために“女性初の総理大臣”を目指す女…[ 記事全文 ]
『スター・ウォーズ』三度目の正直で初登場1位 4日で100万人突破 オリコン12月18日(月)16時42分
12月16日・17日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、人気映画シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、土日2日間で動…[ 記事全文 ]
子連れ居酒屋「反対」は70% しかしニーズは高まっている NEWSポストセブン12月18日(月)11時0分
酒ありたばこありで深夜営業が基本の、大人の癒しの場“居酒屋”。ここが今、子供と一緒に夕食を楽しめる家族団らんの場となっており、お子様歓迎の…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア